蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横光利一 「上海」

この小説の舞台は1920年代の上海です。この頃の上海は実に興味深い状況にあります。東洋のパリと言われるまでに繁栄しており、様々な民族様々な文化が流入し混在していました。イギリスを筆頭に列強各国の資本も投入され企業は多数進出する一方で、ロシア革命から逃れて没落した上流・中流階級の白系ロシア人も多く存在しました。いわば類の異なる人間を同じ街に詰め込んだらどうなるだろうか?と誰かが実験でもしているような混沌とした社会を形成していました。横光利一が芥川龍之介に勧められて渡った上海はそういった状況にありました。そんな街を目の当たりにすれば彼でなくとも創作意欲はそそられたことだろうと思います。上海ではちょうどこの頃、1925年に「五・三〇事件」が起こります。これは、日本資本の綿紡績工場の争議中に死傷者が出たことをきっかけとして徐々に抗議活動が拡大し数千人規模のデモにまで発展し、それを鎮圧しようとして更に死傷者が出た事件です。この事件はその後の反帝国主義運動にまでつながっていきます。横光利一はこの「五・三〇事件」を物語の背景としています。展開もスリリングで、かつ他の作品同様風景描写が素晴らしく、ストーリーも面白いです。映画にしたらさぞかし大作になりそうな感があります。とにかく最初から最後まで楽しめる文章の巧みさには全く舌を巻いてしまいます。洗練された美しさと磨かれた知性と嫌味のないかっこよさがあります。これぞ新感覚派の文章です。大衆小説的面白さがあって、しかもこの文章ですからこれ以上何を求めるべきでしょうか?えしぇ蔵的には横光利一の代表作の中でも特に秀逸なのではないかと思います。絶対的にお勧めします。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する