蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森鴎外 「雁」

いつも森鴎外のことを書く時にはなにか畏れ多いものを感じます。血筋もよければ経歴も申し分なし。多くの実績と名声を残し永遠に語り継がれる人。そんなすごい人をえしぇ蔵ごときが紹介するなど、時代が違えばお上に叱責をくらうかもしれません。とにかくその人生は素晴しいもので、貧乏にのたうち苦しみながら書いて日々食いつないでいた明治・大正の多くの作家たちとは大違いの豊かな人生でした。この場で森鴎外の生涯について細かく書くとスペースが足りなくなるのでポイントだけ。彼は作家としてだけではなく、医者としてもトップを極めた人です。こう書くと医者のほうが副業に聞こえますが、彼の本職は軍医です。しかも最終的には軍医総監にまで登りつめました。これは軍医という職業における最高位です。軍医総監という言葉を調べて頂けるとわかりますが、かつてこの職を務めたお歴々の中に”森林太郎(本名)”という名前があります。多くの人に”医学博士”という肩書きがあるのは当然ですが、彼だけはそれに加えて文学博士と書かれています。全く見事な二束のわらじです。医者としてのすごさはさておき、文学者としての彼のすごさを語る上で紹介すべき作品は枚挙に暇がありませんが、ここで紹介する「雁」はこれから森鴎外の世界に入るという人にはお勧めです。古き日本の面影、可憐な恋愛模様、そういったものを十分に堪能できる文学作品です。”偶然”というものに翻弄される人間の運命を描いてますが、ストーリーも面白く、作品として非常にわかりやすい構成にもなっていますので構える必要はありません。気軽に読むことができます。高利貸しに囲われているお玉という美しい女性と岡田という純粋な大学生の間の切ない想いのやりとりは一幅の見事な絵画を見た後のように深く心に残ります。是非、あなたも浸ってみて下さい。ちなみにお玉は鴎外の隠し妻をモデルにしたのではないかという説がありますがどうなんでしょう?真実は鴎外のみぞ知る・・・?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード