蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

城山三郎 「雄気堂々」

「近代日本資本主義の父」と言われるあの偉大な渋沢栄一の生涯を描いた作品です。日本人ならこの人の功績を知らずにいては論外です。今の日本経済の基盤を作ったと言っても過言ではないほど多大な貢献をした人です。この作品の面白さを知って頂くために渋沢栄一のことを簡単にご紹介します。もとは幕末の志士で攘夷を叫んでいた武士の一人でしたが、縁あって徳川慶喜に仕えることになります。つまり幕府側についてしまうわけです。そこで徳川慶喜の弟の徳川昭武のヨーロッパ視察に同行しますが、この時に見たヨーロッパの姿に大きな衝撃を受け、渋沢栄一は一介の武士では持ち得ない知識と視野を得ることができました。ところがその後幕府は倒され、明治政府が誕生します。彼は学んだことを生かして株式会社を作りますが大隈重信の誘いで大蔵省に入り、日本の経済のしくみ作りに奔走します。大蔵省を退官後は様々な企業や団体の設立に関与します。その数が半端じゃありません。今のみずほ銀行を筆頭に多くの銀行を立ち上げていますし、東京海上、帝国ホテル、王子製紙、サッポロビール、キリンビール、秩父鉄道、京阪鉄道、東洋紡績、東京ガス、太平洋セメント、日本郵船、東急不動産、JR、澁澤倉庫、東京製綱、東京証券取引所・・・その数は500を越えるそうです。その上まだ多くの学校の設立に関与していますから、日本の発展に多大な貢献をしたことが分かると思います。彼が他の経済人と異なる点は何より国全体が豊になることを前提としていることです。「道徳経済合一説」を理念として掲げ、倫理と利益の両立を目指していました。そんな偉大な人物を城山三郎が詳細に調べ上げて伝記風な物語に仕上げたのがこの作品です。一介の武士がいかにして近代日本資本主義の父となったのか、是非読んでみて下さい。そして渋沢栄一という人に対して感謝と敬意を持って頂ければと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード