蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石坂洋次郎 「青い山脈」

原作はもちろん、映画も有名、歌も有名。戦後間もない頃の日本人の心をとらえた「青い山脈」は、石坂洋次郎の代表作です。いわゆる爽やかな青春もの、健全な物語を書かせたらこの人はまさに筆頭でしょう。1966年に第14回菊池寛賞を受賞した際の評価は、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」ということですからその作品の傾向は自ずとわかって頂けるのではないかと思います。もともと同郷の葛西善蔵にあこがれて弟子入りしようとしますが、そのあまりの酒乱ぶりに幻滅を覚えます。葛西善蔵の小説は作家自ら堕落することにより、一番底辺に到達した人間の心理を描こうというものでした。師と仰ごうとした人に失望した彼はその対極をいく作品、つまり健全な文学というものを自らのテーマとします。そして「海を見に行く」をきっかけに成功への階段を登って行きます。戦後にこの「青い山脈」を朝日新聞に連載して好評を得、映画化も成功し、「百万人の作家」とまで呼ばれて”石坂洋次郎の時代”を築きます。この作品を読み進んでいくと、「あぁかつて日本人はこんなに爽やかな青春時代を過ごしていたのか」とちょっとうらやましくなります。まぶしいほどに純粋な世界です。日本がまだ貧しい時代を背景にしていますが、登場する人々の心は豊かで元気いっぱいです。実に微笑ましい場面の連続です。読み終えた後にはおいしくて身体によいものを食べた時のような後口の良さがあります。人の心が複雑化したり歪んだりしている現代においては特に読まれるべき作品ではないかなと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する