FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石坂洋次郎 「青い山脈」

原作はもちろん、映画も有名、歌も有名。戦後間もない頃の日本人の心をとらえた「青い山脈」は、石坂洋次郎の代表作です。いわゆる爽やかな青春もの、健全な物語を書かせたらこの人はまさに筆頭でしょう。1966年に第14回菊池寛賞を受賞した際の評価は、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」ということですからその作品の傾向は自ずとわかって頂けるのではないかと思います。もともと同郷の葛西善蔵にあこがれて弟子入りしようとしますが、そのあまりの酒乱ぶりに幻滅を覚えます。葛西善蔵の小説は作家自ら堕落することにより、一番底辺に到達した人間の心理を描こうというものでした。師と仰ごうとした人に失望した彼はその対極をいく作品、つまり健全な文学というものを自らのテーマとします。そして「海を見に行く」をきっかけに成功への階段を登って行きます。戦後にこの「青い山脈」を朝日新聞に連載して好評を得、映画化も成功し、「百万人の作家」とまで呼ばれて”石坂洋次郎の時代”を築きます。この作品を読み進んでいくと、「あぁかつて日本人はこんなに爽やかな青春時代を過ごしていたのか」とちょっとうらやましくなります。まぶしいほどに純粋な世界です。日本がまだ貧しい時代を背景にしていますが、登場する人々の心は豊かで元気いっぱいです。実に微笑ましい場面の連続です。読み終えた後にはおいしくて身体によいものを食べた時のような後味の良さがあります。人の心が複雑化したり歪んだりしている現代においては特に読まれるべき作品ではないかなと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

北条民雄 「いのちの初夜」

北条民雄。絶対にこの人は紹介すべき人です。文学史においてはほんの一瞬キラッと光っただけの、流れ星のような存在でしたが、その悲しい人生を反映した作品は珠玉の名作です。彼は大正3年に父親の勤務地だったソウルに生まれます。その後徳島で育ちますが昭和8年、結婚した翌年にハンセン病を発病してしまいます。離婚し家族とも離れて昭和9年に全生病院というハンセン病患者用の病院に入院します。なぜか彼にはこういう悲しい運命が用意されていました。ハンセン病患者の多くがそうであるように、彼も何度か自殺を試みています。そんな彼を支えた大きな力は文学でした。彼は全生病院に入ってから後、その体験をもとに作品を発表します。この「いのちの初夜」は、全生病院に入院した最初の日の出来事をもとに描かれています。いわゆる文学におけるリアリズムというものがこの作品ほど読む側に強く響くものは少ないのではないでしょうか?病院の入口で入るかどうか迷う場面から始まり、中の様子を見てすぐに自殺しようと外に出てしかし失敗する場面、同じハンセン病の仲間の状態など、リアリズムによって細かく描写された悲しい情景は、非常に重いものを読み手に投げかけてきます。ただその状況を見ただけの者にはここまでは書けないと思います。そこに描かれた人々と同じ立場であり、同じ目線を持った彼だからこそ成し得たものではないかと思います。リアリズムの傑作を残した彼でしたが、昭和12年に結核で亡くなります。わずか23年の生涯です。短くともその人生を作品によって輝かせたことは間違いありません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

火野葦平 「糞尿譚」

兵隊三部作でその名を文学史上に残す火野葦平なので戦争文学の作家というイメージが濃いですが、彼が文壇にデビューするきっかけになった作品はこの「糞尿譚」で、これは戦争文学ではありません。彼は昭和12年に日中戦争に応召しますが、この作品はその前に書かれていました。それが第6回芥川賞を受賞したというのを戦地で知ります。戻ってきて受賞式というわけにもいかないので、小林秀雄がわざわざ現地まで行って授賞式を行ったそうです。この出来事は彼を一躍有名にし、陸軍においてもその文筆の腕を買われて報道部に転属になります。そこから軍部とのつながりが強くなり、戦後は戦犯作家というレッテルを貼られますがそれは避けられぬ状況からそうなったわけで、彼が個人的に好戦的であったとか軍に積極的に協力したというふうに簡単に判断するのは間違いだと思いますが、まぁそのへんの問題は今回はさておき、この「糞尿譚」では戦争は関係していません。トイレの汲み取りを商売とする主人公が、市の指定の業者として一生懸命に働いて、なんとか生活をよくしようと必死になる姿を描いています。ライバルの嫌がらせにあったりして、なかなかうまくいかないくやしさが伝わってきます。きっと独立して何かの商売をしたことがある人ならこの気持ちは本当によくわかると思います。夢を抱いて一生懸命走り回っても、次から次に問題が発生して足止めをくらい、なかなか夢への階段を登れない歯痒さ、苦しさ、辛さ、それらの積もり積もったものがついにラストシーンで爆発します。全体的にきちんとまとまって無駄のない優れた作品です。デビュー作からすでにその非凡さを証明しています。戦争文学ではない火野葦平も是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する