FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

円地文子 「小町変相」

円地文子の文章は個人的に非常に惹かれるものがあります。美しくて品があり、わかりやすくてかつ知性が香っている、とでも表現しましょうか。単に美しいだけだと文章は平面的なものになります。正面から見ると魅了されるけど、ちょっと角度を変えてみると何も見えない、うわべだけの美しさになります。それをぐっと深いものにするのは知性と熱意です。この点においては円地文子はまさにお手本のような人です。とにかく作品で取り上げたテーマに関する徹底した調査、そこに築き上げられた磐石の知識、それがしっかりと根をはっているので、その枝に華麗に咲き誇る花を安心して楽しむことができます。しかもその美しさには知性はあっても難解さはありません。ここが見事なところです。知的な文章はどうしても難解さを伴ってしまうものですが、彼女の場合は読み手にあまり負担をかけません。その上で更に上品さを醸し出しているわけですから、多くの人が魅了されるのも不思議ではありません。”安定した実力”というものを感じさせる作家の中の一人です。この作品はある老齢の女優が小野小町を舞台で演じるまでのいきさつを描いたものです。老齢に到っても日本の美人の代名詞である小野小町を演じることができるか?女優としてのプライドを描く一面で、その脚本を書くことになる人物の、長年に渡るその女優に対する恋愛感情が作品にいかに花開くか、そういったドラマが展開されます。途中、小野小町に関する論文のような箇所があり、円地文子の歴史的、文学的知識の恐ろしいほどの深さをまざまざと見せつけられます。作品という形を装って自らの小野小町論を展開しているかのような印象を受けます。それが作品に深みを持たせている一つの要因だと思います。単なる人間ドラマに終わらない、広くて深い作品です。実に見事です。脱帽のほかありません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

岡本かの子 「鶴は病みき」

岡本かの子のブレイクのきっかけとなった作品です。大正12年の関東大震災があった頃、岡本かの子は家族とともに鎌倉に避暑のための宿を求めてしばらくそこに滞在します。そこは他の避暑客と棟を分けて共同で住む形式のものでしたが、その相客がなんと芥川龍之介でした。(作品の中での名前は麻川荘之介となっています。)これは実話を元にしています。なんという偶然!当時既に芥川龍之介は時代の寵児ですから、今で言えば自分が滞在した宿の隣の部屋に大江健三郎がいた、みたいな感じでしょうか?当時は日本文学史の中でも次々とスーパースターが誕生していた黄金期ですので、大物作家同士が友人であったり、先輩後輩であったり、師匠と弟子であったりして、お互いがからむ作品というのは多いです。主人公(岡本かの子自身)はこの鎌倉での生活において芥川龍之介とその仲間たちと親しく交わりを持ちます。最初はやはり大物作家ということで敬意を持って仰ぎ見るという感じですが、時間がたつにつれて徐々に芥川龍之介の別の一面、(あるいは本当の姿)を垣間見ることになります。日常のなにげない動きの中に表現されるその人の姿というのは、まさに社会に接する時のための仮面をはずしているわけで、すぐ近くにいてそれを毎日見ているとその人物の真の姿というのが嫌でも見えてくるというのは有り得ることだと思います。人が自分のことをどう言っているのか気になって神経質になる彼、くだらないことにこだわって大騒ぎする彼、相手を論難した後で罪悪感に悩む彼・・・非常に人間くさい生の芥川龍之介が描かれており、興味深い作品となっています。芥川龍之介ファンの人も是非どうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する