FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

伊藤整 「火の鳥」

伊藤整は詩や小説だけでなく、文芸評論においても大きな足跡を残した人です。作家やその作品の本質を鋭くとらえることにおいては、非凡なる才能を持っていたといっていいと思います。本質を鋭くとらえるという意味では、女性の心理においても同じことが言えると思います。1954年に婦人公論に連載されたエッセイをまとめた「女性に関する十二章」はベストセラーになります。男性でありながら女性の心理をとらえることができるというのは、偉大なる作家でもなかなか難しいものがあります。伊藤整はそれを見事にやってのけたわけですが、その顕著な例はこの作品において見ることができます。主人公は類稀な美貌を持ったハーフの女性です。まわりが少し距離をおくほどの美しさが彼女の最大の武器で、そのことを彼女自身はっきりと自覚しており、自らの武器を有効に活用して生きていくという話です。主人公の内面の悩みや、それを克服していく強さ、一人よがり的なプラス思考、したたかな思惑、狡猾な逃避、臨機応変な追従……そういうものを女性の立場になって実に見事に描いています。作家の名前を知らずに読めば女性が書いたものと思う人は多いはずです。それほど卓越した心理描写です。主人公は美貌を生かして学生時代に演劇の世界に足を踏み入れたことからその道に進み、舞台では花形となりやがて映画にも出演します。自信家の彼女は外部にはわがままとしか映らないプラス思考で常に前進します。様々なトラブルやゴシップが彼女のゆく手を阻みますが、たくましい彼女は女性の武器である涙やその場だけの愛情で切り抜けます。きっと芸能界にはたくさんこういう女優がいるのではないかと思います。またこれくらい強くないと生き残れない世界ではあると思います。したたかに生きる美貌の女優の生涯、伊藤整でないと書けなかった傑作だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

舟橋聖一 「悉皆屋康吉」

まずは間違われやすい名前から。船橋ではなく舟橋です。読み方もフナバシではなく、フナハシです。この人は「行動」という雑誌に発表した「ダイヴィング」という作品で「行動主義」というものを提唱したことで話題になりました。その行動主義について書いていると長くなりそうなのでそれはまた別の時にということで。この人は「雪夫人絵図」などの風俗小説で人気を得ましたが、ここで紹介する「悉皆屋康吉」はかなり色合いが違うのでご注意下さい。この作品は主人公が若い頃にある業界に足を踏み入れて、苦労と努力の積み重ねの上についに成功を勝ち得るといういわばサクセスストーリーです。まぁ文学の世界にはよくあるパターンですね。それが今回は悉皆屋という業界において描かれているということです。悉皆屋とはなにかご存知ですか?着物を染めたり、シミをとったり、洗い張りをしたりする仕事を請け負うのが悉皆屋です。今で言うなら着物のクリーニング屋がもう一歩踏み込んで着物の色や柄のデザインのことにまで仕事の幅を広げているような感じですね。主人公の康吉はある傾きかけた悉皆屋で働いていました。先行き不安になった旦那がライバルである別の悉皆屋にその傘下に加えてもらうように頭を下げます。その使いになったのが康吉です。それまではライバルだったわけですから頼まれたほうも嫌味を言ったりしてなかなかうんと言いませんが康吉は何度も通って承諾を得ます。そして仕事をもらって日々汗水たらして働き続け、番頭さんに叱られながらいろいろなことを教わり、徐々に成長していきます。ある日、着物の色柄のことで失敗をして叱られたことがきっかけでその世界のことを必死で勉強し、その結果深く興味を持つようになります。そして最終的には自分のオリジナルの色を作り出すことに成功します。前途洋々に見えた康吉の人生ですが、そこに関東大震災が起こり全てはゼロに戻ります。しかしそこであきらめる康吉ではありませんでした・・・。こういう頑張る人の話は個人的に大好きです。さぁ康吉は最期はどこまで行くのでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する