FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

中山義秀 「咲庵」

中山義秀は成功するまでに結構苦労しています。偉大なる横光利一の影響を受け、その後姿を追いかけるようにひたすら文学の道を進みますが、なかなか目が出ません。そして横光利一的な作風を捨て、独自の文学世界を切り開いたことが功を奏して名を馳せます。そこからは一気に才能開花です。とにかくたくさんの名作を残しています。ジャンル的に非常に多岐に渡るのが彼の特徴でもあります。「厚物咲」や「碑」のような非常に優れた文学作品を筆頭に、戦記ものの傑作「テニヤンの末日」、一人の非情な人間の改心の物語「少年死刑囚」、そしてここで紹介する完成度の極めて高い歴史物の「咲庵」など、並べてみるとどれも傑作で、しかも同じ人が書いたとは思えないほど作風が異なります。才能の幅というか、力量の厚みというか、そういったものを感じさせます。高く評価されてしかるべき作家の一人であることは間違いありません。ここで紹介する「咲庵」は、戦国時代を背景に明智光秀の生涯を描いています。斉藤道三の最期を見届けるところに始まり、本能寺に織田信長を討ち、その後すぐに主君の仇として羽柴秀吉によって討たれるまでの物語です。明智光秀を作品の主人公に選ぶ作家は多いです。彼が信長を裏切ったことは日本史上の大きな謎で、そこにロマンを感じるからかもしれません。みんなそれぞれに謀反の理由を作品の中で推理していますが、この作品の中でも中山義秀独自の解釈が描かれています。それが他の作家とちょっと違った視点だったので、えしぇ蔵は「お?そういう見方をするか」と興味深く感じました。水準の高い文学小説も書ける人がきっちりと調査した上で独自の解釈で描いた戦国絵巻は、これ以上一字一句修正しようのない傑作に仕上がっています。文学好きの人にも歴史好きの人にもオススメです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

坪田譲治 「善太の四季」

坪田譲治について調べると、児童文学作家というふうに書かれています。確かに多くの児童文学作家を育てていますし、児童文学の雑誌「びわの実学校」を発行したり、日本児童文学者協会の第3代会長を務めたりしているわけですからその表現は間違いではありません。ですがここで一つ皆さんの注意を促したいのです。一般に児童文学とくれば、子どもが読む絵本の延長のように思われて、大人は興味を持たないものです。坪田譲治の作品をそういうものと解釈されたら、これは大きな間違いです。確かに子どもも読めますが、作品の内側に横たわるテーマであるとか、巧みな構成であるとか、美しい表現などの本当の良さは大人にしか理解できません。子どもをあやすための児童文学とはとても次元が違います。例えばこの「善太の四季」を読んだ時は、普通の文学小説との違和感は全く感じませんでした。読み終わった後、あまりの作品の完成度の高さに思わずうなってしまったほどです。坪田譲治の作品はそれくらいしっかりとした、奥行きのあるものです。えしぇ蔵としてはむしろ大人の人に多く読んで欲しいと思います。この作品に出てくるのは「善太」と「三平」の兄弟です。泣き虫の三平を優しい善太がいつも面倒みてあげます。わんぱく盛りで、視野に入るいろんなものが面白く映り、伸び伸びと育っている印象を受ける微笑ましい二人です。この二人が見た春夏秋冬のそれぞれ一コマを実に美しく描写しています。読んだ人に必ず望郷の想いを起こさせるような、優しく懐かしい情景が展開されています。最後はちょっとドラマが用意されており、非常に完成度も高い名作です。彼の作品には「善太」と「三平」がよく登場します。この幼い兄弟の活躍を他の作品でも是非読んでみて下さい。大人にも心に残る名作ばかりです。児童文学という言葉にはとてもおさまりきれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する