FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮本百合子 「貧しき人々の群」

プロレタリア文学において女性として最も大きな足跡を残した宮本百合子の記念すべきデビュー作です。日本女子大学に在学中に書かれ、父親の知り合いを通じて坪内逍遥にこの作品が渡ります。この大先生によって賞賛されたから大変なことになります。そこから滝田樗蔭の手に渡り、「中央公論」において広く世間に発表されます。大先生の太鼓判付ですからすぐに一世を風靡し、「新しい閨秀作家が生まれた」と当時の新聞にでかでかと書かれてあっさりと文壇の仲間入りです。彼女は大学を退学して早くも作家生活に入ります。この人の場合はこんな感じで最初からすごい人でした。そしてその後プロレタリア文学の大きな流れを作る一人になるわけですが、この作品で既にその目指すところが見えています。社会の一番下の層にいる貧しい人々の憐れな姿を見て、この不合理な社会を改善すべく自分は何かをしなければいけないと主人公の少女は一人決心して行動に移しますが、現実はそんな彼女の意気込みをあざ笑うかのようにその善意を跳ね返します。生活をよくしていこうという意志を貧しい人々の中に感じることができない彼女は、矛盾に苦しみつつ自分のなすべきことを探して悩みます。無駄にみえる小さな努力でもやめてはいけない、そのうちにきっと何かをつかむはず・・・そんな思いを支えに前進を続ける主人公の強い姿は、まさにその後の宮本百合子そのままです。彼女のデビュー作であると同時に、意思表明でもあるといってもいい名作です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

大仏次郎 「地霊」

まず名前ですが、「だいぶつじろう」でも「おおふつじろう」でもありません。「おさらぎじろう」と読みます。この人は誰でも知っているある有名な作品の作者です。わかります?あの「鞍馬天狗」の作者なのです。これって意外と知られてないんですよね。作者の名前よりも作品の主人公の名前のほうが有名になるのはよくある話ですが、この人の名前は是非覚えて頂きたいです。ところで小説には大きく分けて文学小説と大衆小説があるのはご存じのとおりですが、ではその二つはどう違うのでしょうか?簡単に言えばストーリーよりも芸術性を追いかけるのが文学小説で、ストーリー重視なのが大衆小説ということになるとは思いますが、世の中にはその二つの要素をあわせ持つ優れた作品がたくさんあります。まさに大仏次郎の作品がそれにあたります。芸術的であり、かつ非常に面白い作品が多いです。ではどれから読むのがいいでしょう?まずはこの作品をお試し下さい。あんまり面白いのでえしぇ蔵は家でのデスクワークそっちのけで夢中になって読みました。舞台は革命前の帝政ロシアです。共産主義社会を目指す人々の活動を秘密警察が取り締まるという戦いが続く中で、主人公は警察の人間でありながら、共産党の熱心な活動家として潜り込み、スパイ活動をします。彼の党での活動は非常に目覚しく、誰もが一目置く存在となって徐々に大物になっていきます。誰も彼がスパイなどと夢にも思いませんでした。彼の作り上げた虚構は完璧に見えましたがほんのわずかな隙があり、スパイの容疑をかけられます。さぁ、彼はどうなるのか?ハラハラドキドキ!スパイものって興奮しますよね。面白さは保証します。これぞ芸術的大衆小説です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する