蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

島尾敏雄 「夢の中の日常」

島尾敏雄の作品といえば大よそ3つのパターンに分けられます。一つは実体験をもとにしたリアルな戦争体験記です。「出孤島記」「出発は遂に訪れず」「その夏の今は」の三部作などが有名です。二つ目は名作「死の棘」に代表されるような家庭内の悲劇を描いたものです(ちなみにこの「死の棘」は1990年に小栗康平監督によって映画化され、カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞しています)。そして三つ目はここで紹介する作品のような、”超現実的”な世界を描いた作品です。どんな世界?と思われるでしょうが、要するに自分の見た夢を文章で再現したもの、あるいはそれを元にして広がっていった世界を描いたもの、という感じでしょうか。そのことを知っていて読むのと知らないで読むのとでは作品の受け止め方が変わってきますのでご注意下さい。知らないで読んでいると途中で何が何やらわからなくなってしまいます。あくまで夢の世界ですから何でもありなわけでして、その摩訶不思議な世界に入り込んで遊んでしまいましょうよというものですからそのへんご理解下さい。それにしても創作の部分が多少混じっているとは思うのですが、よくここまでリアルに夢を覚えていられるもんだなと感心します。この作品を読んで、自分でもちょっと真似してみようと見た夢を翌朝思い出そうとしましたが、なかなかできるものじゃないです。夢を見ている時はいろんなことが展開していくのに、目が覚めるとどんどん忘れていきます。この作品の醸し出す、一見リアルに見えるのに幻想的で不思議な世界は結構はまる人も多いと思います。こういった幻想的な作品といえばダンテの「神曲」、カフカの「城」、埴谷雄高の「死霊」などが上げられますが、これらのものに共通することは、いろいろ難しく考えずに感性で読んでいけばより楽しめるということです。だからテーマは?ストーリーは?構成は?など余計なことは考えずに、柔らかい布団の寝心地を味わうように無心で楽しんでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

夏目漱石 「我輩は猫である」

言わずと知れた日本の近代文学の最大の貢献者夏目漱石のデビュー作であり代表作です。夏目漱石が文学の世界に入ったきっかけは小説ではなく俳句でした。大学時代に出会った正岡子規の影響で俳句を始めます。しかし文学を本業とするのはかなり後のことで、教職についたり留学したりして人生経験を積みます。夏目漱石の人生を研究するにおいて必ず大きなポイントとなることは、彼が若い頃から神経衰弱気味であったことです。肉親との死別や自らの病気(肺結核)の経験、失恋などが原因であると言われていますが、かなり重症だったようです。そんな彼を見かねた友人の高浜虚子が「ホトトギス」に小説を発表してみないかと勧めます。そうして書かれたのがこの名作というわけです。当初は一回読みきりということでしたが、非常に好評だったので続編が書かれていき、結構なボリュームの長編となりました。この経験が彼を文学の道に歩ませることになり、新たな人生を発見させることになります。いわば高浜虚子は一人の天才を世に送り出した大変な貢献者ということになります。この作品はなんといっても読む人を選ばないユーモアによって孤高の存在となり得ました。江戸時代にもユーモラスな文学はありましたが、明治以降においてここまで本格的にユーモアを支柱にした文学はこれが最初ではないでしょうか?猫の目から冷静に観察した人間の滑稽な社会を皮肉を交えて描くというアイディアは当時としてはとても斬新で、世代はおろか時代までも超越して人を楽しませるものとして名作の名を恣にしています。文体こそ明治の香りが残っており多少読みにくい箇所はあるでしょうが、なにしろ笑えますのであまり気にはならないでしょう。ゆっくり時間をかけて楽しんで下さい。なにせ日本文学史の輝ける金字塔ですから。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する