蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

藤原伊織 「テロリストのパラソル」

名を残した作家は優れた文学的才能を持っている反動なのか、人間的に規格外と判断せざるを得ないほど個性が際立った豪快な人が多いです。藤原伊織もそうです。無類のギャンブル好きだったそうで、負けがかさんで大変な借金を抱え、とうとう命の危険にさらされる状況にまで追い込まれた時に、その借金を返済するために賞金が1,000万円だった江戸川乱歩賞にこの作品で応募し、見事に受賞して難を逃れたという凄まじいエピソードを持っています。しかも!この作品はさらに直木三十五賞まで受賞しました。同じ作品がこの2つの賞を受賞したというのは前代未聞の快挙です。特に驚くのは江戸川乱歩賞に応募する際には受賞する自信があったということです。どれだけの天才かと思いますよね。この作品以前にもすばる文学賞などを受賞しており、才能に満ち溢れていました。自分で自分の才能を信じてたんでしょうね。この作品の凄さはほんの20ページほど読めばすぐにわかります。20ページでは止まりませんから。とにかく面白いです。無駄がなく早いテンポで読者をぐいぐい引っ張っていきます。そつのない全体の構成とハードボイルドな雰囲気、予想を裏切る巧みな展開、わかりやすい描写、そして何より登場人物一人一人の際だった個性、何をとっても完璧に仕上がっています。発表の場を待っていた才能が一気に飛び出してくると、こういうものが出来上がるのかもしれません。小説を書くために生まれてきたような人ですが、惜しいかな59歳で亡くなっています。作品も多くないです。それが何より残念です。流星のように駆け抜けた才能が残した名作を是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

森村誠一 「野性の証明」

1978年に公開された映画の原作です。高倉健が主演し薬師丸ひろ子がデビューした作品で興行的にも大成功したのでご存知の方がほとんどではないかと思います。当時は角川書店が小説を次々に映画化して果敢に攻めていた時代で、「人間の証明」もそうですがこの作品も映画化することを前提に角川春樹が森村誠一に依頼したものだそうです(ちなみに「青春の証明」という作品もあります。この3つは「証明三部作」と言われています)。映画化が前提ですからエンターテイメント性に富んでいるのは言うまでもありません。導入部分からいきなり読者を作品の世界に引きずり込みます。展開のテンポも速く、途中で読むのをやめにくい作品ですので、面白さという点は申し分ありません。複雑な伏線の配置も最後にはきっちりと結ばれて構成的にも完璧といっていい仕上がりです。物語は山奥にある貧しい村の情景から始まります。のどかな風景を連想させますが、それが一気に村人全員が虐殺されるという大事件へと続きます。その後、ただ一人生き残った少女を引き取って育てている男が主人公として話は進みます。虐殺事件を追う刑事、街を牛耳る悪徳企業、それと癒着した街の警察、勝手放題の暴走族。それらに囲まれながら、街を冒す悪事の全貌をさぐるために主人公は孤軍奮闘します。そして最後の場面ではおそらくほとんど誰も予想しなかったであろうような結末が待っています。あれにはえしぇ蔵も非常に驚きました。あまりに衝撃的で、実は夢オチなのではないかと疑ったくらいです。ところでここで注意して頂きたいことがあります。この結末はいわゆる映画のラストシーンとは全く異なります。それ以外にも映画化が前提であったはずなのに原作とは異なる部分がかなりありますので、むしろ別のものと考えて読まれた方がいいと思います。えしぇ蔵は断然原作の方がお勧めです。一気読みしてしまう可能性もありますので時間がたっぷりある時にお楽しみ下さい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する