蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

山本謙一 「修羅走る 関ヶ原」

歴史小説が好きな人はおそらく戦国時代が最も興味ある時代だろうと思います。その中でも関ヶ原の合戦というのはあの時代の一つのクライマックスとして一番注目を集める場面ではないかと思います。えしぇ蔵もこれまでに司馬遼太郎、山岡荘八、池波正太郎などなど、たくさんの作家の作品で関ヶ原の合戦の場面を読みましたが、正直に言うとその中でも最も夢中になって読んだのがこの「修羅走る 関ヶ原」です。普通、関ヶ原の合戦のシーンは主人公の人生における一場面であったり、時代の大きな流れの中の一部分として描かれており、いわば通過点に過ぎません。わずか一日の出来事ですからそうなって当然です。ところがこの作品においては、なんと関ヶ原の合戦しか描かれていません。その前後関係は一切なし。あの日の出来事だけを描いています。それなら短い作品なのかと思いきや、これがかなりの量なのです。なぜそうなるのかというと、章ごとに主人公が変わるからです。つまり時系列に則ってあの合戦に参加した武将それぞれの立場、目線から合戦の様子を描いています。ある章ではAさんが主人公でBさんに会いに行った。次の章ではBさんが主人公でBさんの目線でAさんを見ている、という具合です。そうやって”目線”のリレーが行われていくにつれて合戦が徐々に進捗していきます。だから臨場感は抜群です。登場人物それぞれの緊張した様子がリアルに伝わってきます。実に斬新な構成に感服しました。山本謙一は「利休にたずねよ」でもそうでしたが、作品の構成におけるアイディアにおいては他を圧倒しているような気がします。こうやって一人一人に注目して読むと、時代の流れにおいて悪役など存在せず、皆必死に生きていただけなんだと学ばせてくれます。歴史の見方にまで影響を与えてくれる優れた作品ですので、歴史好きの人に限らず是非多くの方に読んで欲しいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

高田郁 「みをつくし料理帖」

えしぇ蔵にとってこの「みをつくし料理帖」は、小説を書くということの大変さとその道で成功している人の偉大さを思い知らされた作品でした。これぐらい徹底的に調べないとだめなんだ、深い知識の基礎がないとだめなんだ、意表をつく想像力が必要なんだ、緻密で壮大な物語を構成する力が必要なんだと思い知らされました。一つの作品に自分の全てを賭けるほどの意気込みで挑まないと、人を惹きつけるものは書けないということを教わりました。そういった意味でえしぇ蔵は作者には多大の敬意を抱いています。物語は江戸時代の若い女料理人の話です。主人公の澪は大阪に生まれ、まだ幼い頃に水害で両親を亡くし、仲良しの幼馴染とも離れてしまいますが、「天満一兆庵」の女将に助けられ、そこで奉公人として料理の道に入ります。ところが火事で店は焼失し、江戸に出した若旦那の店を頼って旦那と女将と3人で上京しますが、江戸の店は潰れて若旦那は行方不明になっていました。さらに旦那は病死し、これから女将と二人どうやって生きていこうかと途方に暮れているところから物語は本格的に展開を始めます。まさにゼロからのスタートですが、澪は「天満一兆庵」を復興するために一人立ち上がります。この作品はハルキ文庫から全10巻で出ていますが、とにかく面白くて長さは全く感じません。次々に襲ってくる試練を一つ一つ乗り越えて成長していく澪の姿にも感動しますが、一つの章ごとに一つ登場する創作料理がどれも本当においしそうで、それをめぐる物語も非常に巧みにまとめられていて、章ごとに感心してしまいます。周囲の登場人物もキャラクターが確立されていて、試練を背負いつつも元気に生きている市井の人々を実に見事に描いています。食生活を始めとして江戸時代の様々な文化を細部に至るまで再現しており、時代考証においても歴史小説の中では一際優れているのではないかと思います。1冊ごとに巻末に登場した料理のレシピがありますので料理好きの方はチャレンジしてみるとより楽しめると思います。大量の感動と知識と元気を与えてくれる名作です。男女問わずそして全ての世代の人に読んで頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード