蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

新田次郎 「槍ヶ岳開山」

登山というのは誰でもすぐに始められる身近なスポーツであり、レジャーですね。近くの里山にピクニック気分で登るもよし、日本アルプスのような高峰に挑むもよし、日の出を見るために富士山に登るもよし、フル装備で雪山に挑むもよし、自分の体力と相談していくらでも楽しむ範囲を広げることができます。日本では主な山は全て登頂されており、登山者が多い山は登山道も整備され、よほど無謀な挑戦をしない限りは安全に登頂できます。そうやって現代の私たちが登山を楽しめるのは、誰も登ったことのない山に誰かが最初に挑戦し、その経験を生かして後に続く人が出て、そのノウハウによって徐々にルートが確立され、そして多くの人によって次世代のための登山道が作られていったからです。だから感謝するために辿っていくとすれば、やはり初登頂した人に行きつくことになります。北アルプスにある槍ヶ岳の場合は、幡隆という僧侶が中田又重郎とともにそれを成し遂げました。この物語はその快挙を描いています。もちろん小説ですのでよりドラマティックにするために創作部分がかなり盛り込まれてはいますが、幡隆上人による開山というのは事実で本人が書いた記録も残っています(もし幡隆上人の真の姿に触れたいという方は穂苅三寿雄(ほかり みすお)の研究本を読まれるといいと思います)。前人未到の槍ヶ岳に挑む幡隆の胸の内には、過去にあやまって殺害してしまった妻に対する贖罪の思いがありました。そして苦心の末槍ヶ岳の頂上に立った時、霧の中に浮かぶ妻の姿を見ます……。過酷な環境で幻想的な世界が広がるシーンは感動的です。新田次郎お得意の山岳小説ですから臨場感は抜群で、一緒に登っている気分を味わえます。これを読めば皆さんもきっとどこかの山に登りたくなるのではないでしょうか。その時には是非、その山を開山した人への感謝の思いを抱いて、一歩一歩登って行かれるといいのではないでしょうか?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

大江健三郎 「飼育」

昭和33年第39回芥川賞受賞作です。大江健三郎はご存知のようにノーベル文学賞受賞者です。この人が受賞したことにおそらく誰も異議はとなえないのではないでしょうか?とにかく恐ろしいほどの実力の持ち主です。えしぇ蔵は個人的には日本文学史において、三島由紀夫と大江健三郎の二人はちょっと群を抜いているのではないかと思っています。余談ですが、川端康成がノーベル文学賞を受賞した際、お祝いに駆け付けた三島由紀夫に対して記者が「次は三島さんですね」と言ったのに対し「次は大江君だよ」と答えた話は有名です。当時大江健三郎はまだ33歳です。いかに早くから類稀な才能を開花させていたかがわかりますね(またその才能の将来を見抜く三島由紀夫の慧眼にも驚きます)。そんなすごい人は最初からすごい作品を書いているわけで、この作品の芥川賞受賞は23歳の時です。人間誰しもいい作品を書こうと思えば小手先だけの文学的技術では足りません。紆余曲折を経て様々な経験をし、またたくさんの人と出会って様々な人生を見て、自分の内面を鍛えた上でないと書けないものです。従ってどうしてもいいものが書けるようになる時には年齢的に若年を卒業している場合が多いものなので、どうして23歳でこれほどのものが書けるのか、えしぇ蔵には不思議でしょうがないです。ストーリーは戦争中のエピソードです。ある田舎に米軍の飛行機が墜落し、黒人兵が村人に捕まります。本来は捕虜であるわけですが徐々に主人公の少年や村人と黒人兵の間に心の交流が芽生えていきます。それがある日……あとは読んで下さい。衝撃のラストが用意されています。大江健三郎の文章は自信に満ち溢れています。非常に水準の高いところに達しており、そのために「すごいのはわかるけど、読みにくい」と言う意見もありますが、それは有名な抽象絵画をどう見るかというのと同じでじっくり取り組んでみれば徐々にそのすごさが伝わってくるものです。だから腰をすえてゆっくり日本を代表する人の文学を楽しんでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する