蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

井上靖 「敦煌」

敦煌文書の一件をご存知の方なら、この敦煌という街の名前には大いに浪漫を感じるだろうと思います。中国の甘粛省の北西部にあるこの街は、古代からシルクロードの分岐点として栄えた街で、東西の文化が交差していました。仏教が盛んで、岩を彫って作る石窟寺がたくさんあることで有名です。西暦1036年に西夏という国がこの街を支配下におくために進出してきました。恐れる住民たちの間に西夏は仏教を弾圧するという噂が流れます。そうなると大事な経典などが焼かれてしまうにちがいない、それは大変だということで、大慌てで石窟寺の中にある耳房とよばれる場所に経典を入れ、上から泥と漆喰で塗りつぶして壁のようにして隠しました。ところが実際には西夏も仏教を重んじていたので弾圧などはなく、隠した経典もいつしか忘れられてしまいましたが、1900年にひょんなことからこれが発見され、大騒ぎになりました。中国には印刷技術が確立される前の文書はほとんど残っていなかったのに、敦煌から経典だけでなく様々な種類の当時の文書がどっさり出て来たわけですから、歴史の謎を解決するのにこれらが大いに役に立ったわけです。普段の生活の何気ない書き損じの文書や売買の契約書、教科書などもあって、当時の生活を知る大きな手がかりにもなったそうです。そんなセンセーショナルな事件を題材にして書かれたのがこの作品です。攻めてくる西夏から大事な経典を守ろうとする主人公たちの奮闘がドラマティックに描かれており、非常に興奮する作品です。実際の歴史が残してくれたロマンをうまく活用して、大いなるエンターテイメントとして昇華させた井上靖の手腕には脱帽するのみです。さすがの筆力を感じます。悠久の歴史を感じながら読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「晏子」

今も活躍中の中国の歴史小説作家とくればまず宮城谷昌光の名前が上がるのではないでしょうか?新しい作品を発表するごとにその名に重みが加わっていくような気がします。その特徴は徹底した準備と、それによって史実から大きくはずれることがない安定した展開だと思います。なにしろろくな記録も残っていない昔のことなので調べても判明しないことが当然ながらあるわけで、そこを無理に飛躍した空想で埋めないで、その場の状況や前後の事実などから推理して書いています(自分の推理であることを本文中に書いていることもあります)。だからよりリアルに時代を楽しめる感じがします。この作品の舞台は古代中国のいわゆる春秋期です。中国大陸においていろんな国が存在を誇示し、戦争しては領土を削り合うという緊張した状態が続いた時代です。それらの国の一つである斉に礼を守り一貫した信念にいきる晏弱という男がいました。外交においても他国と堂々と渡りあい、戦争においては名采配で連戦連勝するという実に痛快な男でした。動けば必ず結果を残し、それを誇ることなく次の手を打つという生き方がまさに仕事ができる男の見本という感じで魅了されました。ところがまだ働き盛りという頃に惜しくも急死してしまいます。でもそのぶれない魂は子どもの安嬰に引き継がれます。安嬰は首に刃を置かれても正義を貫き通す強靭な精神をもって斉の国を支え続けます。行政においても外交においても姑息な手段は一切使わず、天の意思と民の声に従って行動します。悠久の時を越えて賞賛され続ける親子の物語にはどの時代にも通じる生き方の真髄があるように思います。是非多くの方に読んで欲しい作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する