蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

城山三郎 「落日燃ゆ」

どの街にも郷土の偉人や英雄と呼ばれる人がいるものですが、えしぇ蔵の住む福岡では菅原道真や黒田長政などのビッグネームと並んでもひけをとらない人気を誇るのが広田弘毅です。郷土が生んだ第32代内閣総理大臣は、それだけでも十分に誇りではありますが、なんといってもその死に臨んでの毅然たる態度が多くの人を感動させました。太平洋戦争の終結後、東京裁判において7名のA級戦犯が死刑となりましたが、その中で唯一文官であったのが広田弘毅です。開戦前にはその防止に奔走し、開戦後には和平工作に全力を尽くしたにも関わらず、総理大臣在任中に軍部大臣現役武官制を復活したことなどを理由にA級戦犯とされてしまいます。ところがこの判決には当時日米両国の多くの人が納得しませんでした。そして驚くべきことに本人は一切の弁明を行いませんでした(これは弁明すれば他の関係者の名前が出てしまうので、それらの人々をかばうためだったという説もあります)。死刑に際しても毅然たる態度を崩さず、まさに”黙して逝った”人でした。その壮絶な生きざまを慕う人は多いですが、それは城山三郎のこの作品も大いに貢献しているのではないかと思います。広田弘毅をとりあげた作品の中でも最も広く知られています。石屋の息子が政治家となり、外務大臣として外交に奔走し、やがて総理大臣となり、太平洋戦争を経て東京裁判での死刑判決で散っていきます。その生涯を詳細に調べあげてドラマティックに描かれています。あまりに見事な完成度なので、城山三郎と広田弘毅の間になにか縁があってこの作品が生まれたのではないかと思ってしまいます。素晴らしい人物を素晴らしい作家が描いた名作です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉村昭 「大本営が震えた日」

学校で学ぶ歴史というのは、時間的な制限などもあって表面的なものだけに限定されがちです。例えば太平洋戦争が始まった時のことをどう解釈していますか?日本がハワイの真珠湾を攻撃したことによってその幕が切って落とされたというのが学校で教える歴史です。確かに大局的に見ればそうかもしれませんが、実はそこに至る経過は複雑なものですし、その前後に表舞台とは違うところでは様々な事件が発生していました。そういった”学校で教わらない部分”には実は歴史を理解する上で非常に大事なポイントが隠されていたりするものです。太平洋戦争が始まる一週間前の昭和16年12月1日に、開戦の極秘命令書を乗せたDC3型機がなんと敵の領内に不時着します。もしそこで敵に命令書が渡ればどうなるか?この事実を知った大本営はまさに震えるわけです。さぁ大変です。命令書はどうなったのでしょうか?運んでいた軍人は生きているのでしょうか?極秘の捜索、救出作戦が始まります。開戦のことが敵にばれたのか?ばれていないのか?読んでるこちらまで緊張してはらはらします。次の展開が待ち遠しくなります。この作品にはこの事件の他にも開戦前後にいろんな場所で繰り広げられた緊張のドラマを詳細に調査して紹介しています。あのハワイへの奇襲作戦の裏にこんないろんな事件があったのかと本当に驚かされます。歴史というのはどうしても読んで面白いのは波瀾の時期ですが、当時生きていた人たちにとっては悲劇です。こういったドキュメンタリー文学は読む人の興味をそそるだけでなく、当時の人の悲しみも同時に感じて、そこから”何か”を学んで欲しいというメッセージも含んでいます。この作品を通して皆さんも是非その感性で”何か”を学んで下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

陳舜臣 「小説十八史略」

中国を舞台にした歴史小説がとりあげる時代とくれば皆さんはどの時代を連想されますか?えしぇ蔵的にはまず三国志で描かれる後漢から魏蜀呉の三国時代ですね。次は秦の滅亡後、項羽と劉邦の対決を経て漢が建国される頃でしょうか。その次は春秋戦国時代かな。でも考えてみるとこうやって一つのポイントで中国の歴史に触れることはあっても、あの長い歴史全体の流れを知る機会はなかなかありませんね。小説で取り上げられる時代の前はどうだったのか?あるいは小説が終わった後の時代はどうなっていったのか?秦の始皇帝からフビライ・ハンまでどうやってつながっていくのか?そういった疑問を全て説明してくれるのがこの作品です。宋の時代の曾先之という人によって書かれた壮大な中国の歴史の物語「十八史略」をもとにして、陳舜臣がわかりやすく解説を交えながら小説にしたものです。小説とはいいますが、架空の人物は一切登場せず、ほぼ史実そのままを書き綴っていますので、中国の歴史の大筋を学ぶにはうってつけです。最初は神話の時代をさらっと流して、本編は殷の紂王から始まります。そして様々な王朝の栄枯盛衰を経て、最後は宋の滅亡で終わります。なにせ書かれたのが宋の時代なのでその先はありません。中国の歴史全体を学びたいという方には同じ陳舜臣による「中国の歴史」がお勧めです。ただ、面白さという意味ではこちらの方がいいかなと思います。次々に登場する英雄たち。皇帝の座を、中国の統一を、栄耀栄華を夢みて縦横無尽に活躍し、名を残し、死んでいきます。国の歴史は人間の歴史です。命がつながって時代が作られるということをしみじみ学びました。長い長い物語ですがどの時代も面白く飽きさせません。興味ある方は是非ゆっくり時間をかけて読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード