蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

遠藤周作 「イエスの生涯」

遠藤周作にとってキリスト教は生涯のテーマですのでキリスト教に関連した作品はたくさんありますが、その中核をなすものといえるのがこの「イエスの生涯」、そしてその続編ともいえる「キリストの誕生」ではないかと思います。キリスト教というのはどうしても日本人の思考や生活になじみにくい部分があります。受け入れにくい民族性であるのかもしれません。遠藤周作も最初からどっぷりキリスト教に染まったわけではありません。どうもしっくりこないものを自分なりに考え悩みぬいて、答えを必死に探し続けたというのが本当のところです。(遠藤周作自身はこのことを、自分に合わない洋服を着せられたが、それを自分に合う和服にする作業だったと言っています)。だからこそ、クリスチャンとそうでない人の間の橋渡しとして、どちらにも共感を生む作品を残すことができたのではないかと思います。また、作品を通してあからさまにイエスを信じろ、クリスチャンになれ、と言っているわけではなく、ある種第三者的な視点から描いていることも特徴です。この作品も決してクリスチャンのため、あるいは教会がキリスト教の布教に使うため、という役目を感じさせるものではありません。あくまでクリスチャンが信じるイエスとはどんな人間だったのか?どんなことをしたのか?なぜ2000年以上も多くの人に影響を与え続けてきたのか、という一つの研究テーマとして徹底的に調査し、冷静に分析しています。この作品での視点こそまさに遠藤周作的であると言えます。クリスチャンはもちろん、いかなる宗教の人であろうと面白く読めるものとなっています。そこで何を感じるかは個人の自由ですし、その余地を残したことが遠藤周作のスタンスであり、絶妙な技でもあると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉村昭 「破獄」

昔から小説や映画の世界には悪のヒーローがいますね。警察を手玉にとって華麗に犯罪を繰り返す。一番わかりやすい例でいうとモーリス・ルブランの小説に登場するアルセーヌ・ルパンや、それをモチーフに作られた漫画のルパン三世ですね。逮捕されても簡単に脱獄してしまいます。厳重な牢に入れられても見事に抜け出して周囲をあっという言わせる。空想の物語ならではの醍醐味ですよね。ところがそれを現実にできた人が日本にいたことをご存知でしょうか?「脱獄王」という映画にもなったのでご存知の方も多いと思いますが、白鳥由栄という人です。26年間の服役中になんと4回もの脱獄に成功しました。脱獄するたびに過酷な環境になっていくにも関わらず4回も成功させるというのは人並み外れた頭脳、精神力、体力がないと無理だと思います。しかも関節を自由に外せるという特殊な体質でもあったそうです。恵まれた才能を脱獄に活用したという稀有な人です。その白鳥由栄の破天荒な人生を詳細に調査して書かれたのがこの作品です(主人公の名前は佐久間清太郎に替えてあります)。この作品はとにかく文句なしに面白いです。看守と脱獄囚の知恵比べが繰り返される様子はまさにルパンの世界そのものです。こんな所からどうやって脱獄するのか?小説じゃあるまいし、という状況から見事に抜け出す様子は痛快感すら覚えます。罪を犯した人とはいえ、あきらめることを知らない不屈の精神には学ぶべきものがあると思いました。最後は模範囚として仮釈放され72歳まで生きたそうですが、なんともすごい人生です。是非読んでみて下さい。吉村昭の筆力によって描かれる迫力のドラマに引き込まれて、一気読みすると思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「ナポレオンと田虫」

ナポレオンと聞くと皆さんの頭の中にはどんな肖像が浮かびますか?おそらくジャック=ルイ・ダヴィッドが描いた「ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト」ではないかと思います。あの前足を上げた馬に乗るナポレオンが山の方を指さしてる絵ですね。では次に浮かぶのはどんな絵でしょうか?これも多くの方が同意見だと思いますが、えしぇ蔵はナポレオンが右手をお腹の位置で上着の中に入れている姿が浮かびます。ナポレオンがそのしぐさをしている絵はたくさん残されており、なぜそういうポーズで肖像画を描かせたのかという「ナポレオンの右手の謎」は未だに解明されていません。諸説ある中で面白いのはナポレオンが皮膚病を患っており、お腹の患部を掻いているうちにそのポーズが癖になったというものです。この説をもとにして書かれた作品がこの「ナポレオンと田虫」です。ナポレオンは実はお腹に田虫ができていて、彼がヨーロッパにその勢力図を広げるのと同じように、田虫は彼のお腹の上で患部という勢力図を広げていくというユニークな話です。ヨーロッパの国々を次々に征服していく無敵のナポレオンが唯一勝てないのが自分の田虫でした。夜になると活動を開始する田虫の痒さは彼に睡眠をとらせません。果たしてナポレオンの全ヨーロッパ征服が先か?田虫のナポレオン征服が先か?横光利一の魅力は高度に芸術的作品で唸らせることもあれば、こうして面白い作品で楽しませることもあるという稀有な二面性です。この両立ができる作家は無敵と言っていいと思います。さて、ナポレオンは田虫に勝てるのか?終り方は非常に文学的です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する