蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

芥川龍之介 「或旧友へ送る手記」

1927年7月24日、芥川龍之介は田端の自室で服毒自殺をします。当時の世間をあっと驚かせた事件でした。晩年、神経衰弱の激しかった彼はずっと死ぬことばかり考えていたようで、後期の作品からもそのことがうかがえます。そして最後はこの作品というか、手記を残して世を去ります。これは親友の久米正雄宛だと言われています。この手記の中にある彼の自殺を決意した理由が書かれた部分はあまりにも有名です。「君は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、或は又精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであらう。しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る道程を示してゐるだけである。自殺者は大抵レニエの描いたやうに何の為に自殺するかを知らないであらう。それは我々の行為するやうに複雑な動機を含んでゐる。が、少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」彼を苦しめたぼんやりとした不安とは具体的にどういうものだったのか?彼は本当に死ぬ気だったのか?それとも実は狂言で誰かに止めて欲しかったのか?多くの研究者が独自の説を主張していますが、もはや唯一真実を知る本人は遠い過去に旅立っています。芥川龍之介が好きで、彼がどんなことを考えていたかを知りたいという方は、もろもろの研究本を読む前にまずこの彼自信の言葉に耳を傾けて下さい。ここにこそ真実が隠されているはずです。一文字づつに彼の苦しみがこめられているようで実に痛々しい気持ちになります。天才のこの世における最後の言葉です。ただし作品としてはこれが最後ということになってますが、遺書は別にあります。この作品もそうですが、遺書も「青空文庫」で読むことができますので是非合わせて読んでみて下さい。なお、遺書のほうでは子どもへのメッセージ、奥さんへのメッセージが含まれていますが、子どもへのメッセージの部分は生きていく上での恐ろしいまでの具体的なアドバイスがなされており、芥川龍之介の人柄を知る上で大いに参考になると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

伊藤永之介 「鶯」

この人もプロレタリア文学の作家に分類されます。プロレタリア文学の作家は大きく分けて二つの派に分かれます。その発行していた文芸誌の名前で分けるなら、「戦旗」派と「文芸戦線」派です。「戦旗」のほうには小林多喜二を筆頭に徳永直、宮本百合子、中野重治などなど、大物がズラリ揃っているのでどうしてもそっちばかり注目されて、ちょっとマイナーな「文芸戦線」派の作家は見落とされがちです。伊藤永之介はその「文芸戦線」派の中の一人です。ではこの作品も労働者の魂の叫びを痛々しいほどに表現した、よくある気合の入ったプロレタリア文学なのかと思われそうですがそうではありません。「文芸戦線」は勢いのある「戦旗」にプロレタリア文学の流れを持って行かれた上に内輪もめもあったりして、太平洋戦争もまだ始まっていない1934年に廃刊になります。伊藤永之介がその本当の持ち味を発揮し始めるのはその後のことになります。のどかな田舎に暮らす人々のユーモラスな交わりをほのぼのと描いた作品で、独自の存在感を持つようになります。どういう雰囲気なのかは、同名の作品の映画化である「警察日記」(1955年森繁久弥主演)を観ればよくわかります。本当によく伊藤永之介の描く世界を表現できていると思います。作品の名前が「梟」とか「鶯」とか、鳥の名前のものがいくつかあるのでそれらはまとめて「鳥類もの」と呼ばれていますが、中でもえしぇ蔵のお気に入りはこの「鶯」です。これも舞台は農村で、ある警察署を舞台にしてそこに相談に来る人や、連行される犯罪者、応対する警官のやりとりが、警察署にありがちな冷たい緊張感をもったものではなく、温かみのある人情的なものとして描かれていることが特徴です。読んでいて非常に心地いいものがあります。それぞれの人生を抱えて警察署に来た村の人々が、実はどこかでつながりがあって、その偶然性がストーリーを面白くしています。プロレタリア文学を読む時のような一種の気合のようなものは全く必要ありません。ふと気付けば優しさを探している自分を感じた時などに、心をあたためてくれるような優しい小説です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

広津和郎 「あの時代」

広津和郎は硯友社の小説家広津柳浪の息子でいわばサラブレッドです。中学の頃からあちこちに投稿して賞を貰うこともありました。生まれながらにして文学者としての運命を背負っていたと言えるかもしれません。やがて文壇において谷崎精二、葛西善蔵、宇野浩二、芥川龍之介などとの交友が始まります。この作品は宇野浩二と芥川龍之介との交流を思い出風に記録した作品です。宇野浩二は一時、精神的に病みます。今でいう躁鬱病のようなものでしょうか?家族が心配して病院にいれるべきかどうかを友人の広津和郎に相談します。彼は健気にも精神的に不安定になった宇野浩二の面倒を見ます。出版社に用事があるからと一緒に行くといきなりそこでアイスクリームやハムエッグを注文したりする宇野浩二なので、その対処に終始ふりまわされます。病院に入れるべきだと判断した広津和郎は宇野浩二を斉藤茂吉の病院に連れて行きます。そんなこんなでいろいろと面倒見てる時に、同じように宇野浩二のことが心配になった芥川龍之介が登場します。二人して宇野浩二のことを案じていたこの頃、実は芥川龍之介の中では自殺へ向かう心境の準備が始められていました。そしてまもなく文壇を震撼させたあの自殺です。精神を病んだ友人の心配で心休まる時もなかったのに、今度は別の友人の自殺です。広津和郎の混乱した心境が想像できます。文章を読んでいると広津和郎の友情に忠実な人柄と無心な優しさを感じます。つまりこの作品は宇野浩二の発病、芥川龍之介の自殺を通して文字通り「あの時代」の自分とその周辺の動揺と不安感を描いていると言えます。どこか暗鬱とした寂しい空気が作品全体に漲っています。言うなれば「あの時代」の世間全体の不安感というものもそこから感じ取れるような気がします。ところで芥川龍之介の自殺に関する部分ですが、身近にいた彼がここで非常に詳細に記録しているので、興味ある人には貴重な研究資料といえるかもしれません。当時の文壇の記録としてこういう作品を残してくれたことは、我々後世の人間にとっては非常にありがたいことだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する