蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

幸田露伴 「一口剣」

これは幸田露伴の作品によくある”職人もの”です。ある腕のいい職人がなにかをきっかけに狂ったように仕事に没頭し、その技術は他の追随を許さない水準に達して、ついにまわりをあっと言わせるものを作り上げるというあのパターンです。代表作の「五重塔」がいい例です。あの作品の場合は宮大工でしたが、ここでは刀鍛治です。ある将来を期待された刀鍛治が許されぬ恋に落ち、親方に見放されて駆け落ちします。それからはぱっとした仕事もできず鬱々とした日々を過ごすわけですが、ある日酒に酔った勢いで自分は日本一の刀鍛治だと豪語します。それが人に聞かれて噂になり、ついに殿様の耳に入ります。そしてある日、殿様に呼び出された彼は、資金と時間をやるからひとついいものを作ってみろと言われます。さぁ困った!自分はそれほどの腕ではないのに殿様は買い被っておられる。どうしよう?このままお金を返して逃げようか?おろおろと悩んでしまいますが、そんな頼りない旦那に愛想がつきた奥さんは旦那が殿様に貰った金を奪って逃げてしまいます。彼は失意の中で苦しんだあげく、ついに一念発起して刀を作りはじめます。さぁ彼は殿様を納得させるような刀を作ることができたのでしょうか?最後は彼のセリフでビシっと終わりますがそれがなんともかっこいいのです。おぉこれだこれだ、幸田露伴の世界だ、と思ってしまいます。こういう作品大好きです。幸田露伴の作品はロマンを追い求める理想主義に基づいています。だから夢があって面白く読むことができます。同時代には尾崎紅葉がいましたが、こちらは正反対のものごとをそのまま捉えようという写実主義です。明治の一時代にこの両極の巨人が同時に存在したというわけですから非常に興味深いものがあります。いわゆる紅露時代と呼ばれる頃です。幸田露伴の作品にはもう一つ大きな魅力があります。それは極めて美しい文語体で書かれているということです。作品を読んでいると日本語の美しさに改めて気付かされます。皆さんもかつて日本語はこんなに美しかったのだときっと感動することでしょう。是非浪漫ある美しい文語体をお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉川英治 「新・平家物語」

吉川英治の超大作です。古典の「平家物語」を基本とした上に、「保元物語」「平治物語」「義経記」「玉葉」「吾妻鏡」「源平盛衰記」などの作品の内容も取り込んでより大きなスケールで平安時代の騒乱を描いています。期間としては平清盛の若年期から源頼朝の死までの約70年間に渡っています。連載は7年に及んだそうです。この作品は一言で言えばとにかく痛快無比。面白さでは群を抜いています。吉川英治の「三国志」を読んだことがある方は吉川英治の作品の面白さがどういうものかお分かりだと思いますが、とにかく読み始めてしまったが最後、今日はここでやめようということができません。(ちなみにえしぇ蔵は吉川英治の「三国志」全巻を3回読みました。)あの感覚がこの作品でも味わうことができます。70年間という長い時間の中で様々な出来事が次から次に起こります。平清盛を主人公にして始まるものの、途中で何度も主人公は交替します。従って様々な目線で同じ時代を見ることができます。天下の覇権を握った者の目線から、一介の貧しい医者の目線まで、上下の角度も様々です。勇ましくも残酷な戦の世界だけでなく、雅な恋愛の情景もあり、陰湿な政治の駆け引きもあり、バラエティに富んだ内容になっています。だからこの平安時代の騒乱の一時期がどういう世情であったかが的確に理解できます。大別すると平家と源氏の争いということになりますが、どちらが正義でどちらが悪という描き方ではなく、また誰が悪くてそうなったということにも言及していません。多少は後白河院の謀略好きのせいで多くの武将が不要な争いの前に尊い命を失ったように描かれている部分はありますが、全体的には各々が各々の立場で時代に翻弄されて生きてそして死んでいったというふうに客観的に描いてあるので後味の悪さがありません。そこに吉川英治の当時の人間を見る優しい目線があるように思います。歴史というのは勝者によって都合よく書き換えられるものですが、この作品は源平合戦を、そして平安時代の一時期を知るには非常にいい参考になるのではないかと思います。やはり何事も客観的に眺めなければ真実は見えてきませんよね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

泉鏡花 「外科室」

泉鏡花の描く世界が好きという人は結構いますね。あの幻想的で不思議な独特の世界は泉鏡花ならではのものです。こういうふうに書くべきだとか、こういうふうに書くのはおかしいとか、そういう小説における約束ごとのようなものが暗黙のうちにあるとすれば、おそらく鏡花はそれに一瞥も送ることはないと思います。普通、あり得ないようなストーリー展開だとか、登場人物の不思議な言葉のやりとり、作品全体を蔽う幻想的な雰囲気などから推測するに、鏡花は本当に自分が書きたいように書いているという印象を受けます。誰にどう思われようが関係ない。自分の中にこういうイメージが浮かんできた、それをこういうふうに書きたいんだ、そう主張しているような気がします。この作品はある貴婦人が手術を受ける話ですが、うわごとを言うかも知れないという理由で麻酔を拒否します。実は彼女は手術する医者への恋心を抱いていて、それが家族にばれることを恐れているわけです。それで結局麻酔なしで手術を始めたら・・・鏡花ならではの驚きの展開が待っています。ではいつから彼女と医者が恋仲だったのかというと、若い頃にちらっと視線を交わしたかどうかというただそれだけなんです。それでそんな深い想いを持つわけないだろう?とツッコミたくなるわけですが、それこそが泉鏡花ワールドなんです。この作品を読む時には、それまであなたの持っていた小説とはこういうものという常識を一切捨てて下さい。そして小説というよりも長い幻想的な詩を読んでいると思って下さい。そうすれば理論的なものを一切超えた感性の部分に響いてくることと思います。作家が成功するにはテーマの選び方や表現技法も大事ですが、自分だけの世界を作り上げることが最も必要とされます。鏡花は見事にそれに成功しているといえます。他の作家では決して味わえないものがあります。鏡花の創造した非日常的、非現実的な世界を楽しむ。これが癖になるんです。あなたもどうぞ足を踏み入れて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する