蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

島崎藤村 「千曲川のスケッチ」

島崎藤村は一時期、長野県の小諸にある小諸義塾で教師をしていました。その頃体験した小諸の自然の美しさや、地元の人とのふれあいをまるで絵画のように美しく描写したのがこの作品です。もしあなたの前に心洗われるような、長閑な美しさに満たされた田園風景が広がっているとしたらまず何をしますか?今ならおそらく手持ちの携帯やデジカメで写真を撮る人が多いでしょうね。あるいは絵が描ける人ならカンバスを置いて絵筆を握るかもしれません。なんとかして自分の見た美しさを別の形で残して、後でまたそれを見て思い出して楽しみたいと思うのはごく自然な心理だと思います。島崎藤村はそれを文章でやってみてはどうだろうか?と思ったわけです。物語として綴る文章ではなく、今見たものの美しさを表現する文章があってもいいのではないか?と考え、ちょうど詩と物語的な小説の中間にあるような、芸術性を重視した文章という形で自分が見たものの美しさを表現したのがこの作品です。ただここでいう美しさというのは単に自然の美を指すだけではありません。そこに住む人々との交わりを通して、自然とともに生きる人々の心の美しさ、素朴に生きる姿の美しさをも表現しています。「千曲川のスケッチ」は、島崎藤村が原稿用紙をカンバスとして、そこに言葉という絵の具で見たもの感じたものを表現したものですので、「さて、どんな話だろうか?」と紐解いて一気呵成に読破するようなタイプの作品ではありません。時間の余裕のある時にゆっくりと読んで、自分なりにその光景を頭に描いてじっくりとそこに浸るという感じで楽しむというのがいいと思います。この作品の場合は、「読む」というより「感じる」と表現したほうがいいかもしれません。ストレスの多い現代社会においては心の休養が必要です。是非この作品を読んで、心身ともにリラックスして下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

太宰治 「富嶽百景」

太宰治のすごさを説明するとすれば必ずこの作品は例として取り上げられます。主人公が富士山をどういうふうに見て、どういう感慨を持ったか、分析するような感じでたんたんと始まる富士山をテーマにしたショートストーリーなんですが、芸術性が高く非常に高品質な文学であることに誰しも気付くでしょう。「富士には、月見草がよく似合ふ」は有名なくだりです。太宰治は一時期、御坂峠の天下茶屋というところに滞在するわけですが、そこから真正面に富士山が見えます。ファンの人はここを訪れるのはお約束です。ではなぜこの御坂峠の天下茶屋に滞在することになったのでしょうか?太宰治の人生を振り返ってみると自殺未遂、心中未遂を繰り返す悲観的なもので、まるで早く死なないといけないという義務でも課されているかのようでした。そして昭和12年に内縁の妻であった小山初代とカルモチンを使って自殺を図りますが失敗し、その影響で1年間執筆活動を休止します。そんな彼を見かねた師匠の井伏鱒二が、彼にこの御坂峠の天下茶屋での静養を勧めます。前述のとおりその茶屋の真正面に富士山が見えていたことがこの作品が生まれたきっかけとなりました。その後、石原美知子と見合い結婚し彼の精神状態も安定してきます。そこからはまさに快進撃です。この作品を筆頭に続々と後世に残る名作を発表していきます。戦後になると時代の寵児となり、新戯作派、無頼派の一人として自らの文壇における位置を確立します。まさに光に満ち溢れた未来が待ち受けているという印象だった彼ですが、昭和23年に玉川上水に身投げして心中します。しかも相手は奥さんではなく愛人の山崎富栄でした。まるで人生にしがみついて必死に生きる人が滑稽に見えたかのように彼は人生をあっさりと捨ててしまいます。そこへ至る真の理由は様々な説があげられていますが真相は玉川上水の水とともに彼岸へと流れていきました。葛藤そのものが人生であったような彼が再起を図ろうとした時に書いたこの作品にはどこかにそのヒントが隠されているのかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

有島武郎 「一房の葡萄」

有島武郎の人生は実に悲しいものでした。子どもは男の子3人に恵まれましたが奥さんに先立たれてしまい、彼は一人で3人を育てます。その後、婦人公論の記者で人妻の波多野秋子と知り合い愛し合うことになりますが、そのことを秋子の夫に知られて悩み苦しみます。そしてついに軽井沢の別荘「浄月荘」で秋子と二人で首をつって心中します。とても真面目な人だったようで倫理観や責任感が強かったからか自らの過ちの重荷に耐え切れなかったようです。結果的には悲しい最期をとげたわけですが、その人生をたどってみると、きっとこの人は人間的にいい人だったのではないかと偲ばれる点が多々あります。彼の優しい人柄の一端を窺い知ることができるのが彼が残した童話です。彼は子どもたちによく童話を読んで聞かせてあげていましたが、当時はなかなかいい作品がなかったそうです。そこで自分で書いてあげたという童話が今8編残っています。その中でも最も有名なのがこの「一房の葡萄」です。主人公の男の子は絵が上手でしたがいい絵の具を持っていませんでした。一方で絵が下手なのにいい絵の具を持っている友達がいて、その子の絵の具がどうしても欲しくなり、とうとう盗んでしまいます。彼が盗んだことはすぐに発覚しますが、そこで先生がいかに主人公を諭すか、盗まれた友達といかにして和解するかがポイントになってきます。タイトルの葡萄は先生が罪悪感に怯えて泣く主人公を慰める時に非常に効果的な小道具として使われています。彼の童話の特徴はあたりさわりのない子ども向けのめでたしめでたしではなく、人生の現実をちらっと教えるような厳しさも少し含んでいるということです。人生ってそんなに甘くないぞと我が子たちに教えたかったんでしょうね。そのへんに彼の人柄と子どもたちへの深い愛情を感じます。現代のお父さん、お母さんに読んでいただきたいですね。そして是非子どもに読み聞かせてあげて欲しいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮沢賢治 「十力の金剛石」

サラリーマンだった若かりし頃に社内報の中で書評を担当していたことがありました。毎月自分の好みで作品を選んで紹介していましたが、宮沢賢治の「十力の金剛石」もそこで取り上げました。この作品は面白い上に教訓も深く、えしぇ蔵としては宮沢賢治の作品の中でも上位に置きたいところなんですが、なぜかあまり脚光を浴びることがありません。「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」などなど、並居る名作の影に隠れているような感じです。もっとメジャーになって欲しいという思いが当時この作品を取り上げた理由の一つです。まずタイトルの意味がわかりにくいかと思うので解説を。金剛石というのはダイヤモンドのことです。十力というのは仏教用語からとっていると思われますが、まぁ簡単に言うといろいろな力があるという意味でしょうか。ただここでは直訳してもあまり的を得ていないと思われますので、ざっくりと”大変優れた宝石”というふうに解釈していいかと思います。ストーリーを少しだけご紹介。何不自由なく暮らすある国の王子様が、ある日家来でもあり友だちでもある大臣の息子と宝石の話をしていました。(作品の中に様々な鉱石の名前が出てきます。宮沢賢治は鉱石の収集が趣味だったのでその分野に関してかなり広い知識を持っていました。その片鱗が読みながら少しうかがえます。)王子様は高価な宝石をたくさん持っていましたが、もっとすごいのが欲しいと思っていました。すると、王子様でも見たことがない素晴しい宝石があると大臣の息子が言うので、二人はそれを探しに出かけることになりました。そしてついにその宝石を見つけた時、王子様は大変感動します。さて、お金で買えるものなら何でも手に入る王子様を感動させた宝石とは一体どんなものだったのでしょうか?感動と教訓を含んだ楽しいファンタジーです。年齢を問わず是非読んで頂きたい作品です。特に小さいお子さんに読んであげるには最適だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する