蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

正宗白鳥 「流浪の人」

正宗白鳥が文壇デビューしたのは1904年(明治37年)です。そして亡くなったのが1962年(昭和37年)です。ということはなんと58年間も文壇にその地位を維持していたことになります。半世紀以上、日本文学のトップの世界にいたわけです。実力があってかつ長生きするとそういうことになるわけです。そうなると当然、文壇に登場するいろんな作家たちについて情報通にならざるを得ません。彼は明治、大正、昭和を通じて日本の文学を支えたあらゆる作家たちを知っており、交友を持っています。有名な作家の友人は数多く持っていたにも関らず、彼が言うには本当にその人物を知っていたと言えるのは近松秋江だけだそうです。この二人のつながりは深いものがあったのですが仲がいいとは言い難く、好きにはなれないけど縁を切るわけにはいかない親戚のような絆を感じさせる関係でした。そういう間柄の友人、近松秋江という人物について批判の目と近親者のような情を含んだ文章で浮き彫りにしているのがこの作品です。面白いのはこの二人の関係を描く上で文壇のことに触れないわけにはいかないので行きがかり上、いろんな作家たちが登場することです。名前が出てくるだけでも、坪内逍遥、幸田露伴、尾崎紅葉、夏目漱石、森鴎外、島崎藤村、泉鏡花、国木田独歩、田山花袋、永井荷風、徳田秋声、樋口一葉、島村抱月、高山樗牛、巌谷小波、長谷川天渓、江見水蔭、与謝野鉄幹、滝田樗蔭、広津柳浪・・・などなど、ビッグネーム勢揃い。作家同士の人間関係など、いわばゴシップのようなことも書いてあります。正宗白鳥と近松秋江との交流の過程を知るだけでなく、当時の文壇の様子を伺い知ることができ、非常に興味深い作品です。文学史好きな人には興味深く読める作品だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

谷崎潤一郎 「鍵」

日本が世界に誇る文豪、偉大なる谷崎潤一郎の文学を語る上でエロティシズムというのは欠くことのできない要素です。エロティシズムをテーマとして取り組んだ小説家は星の数ほどいますが、これを芸術の域にまで引き上げることに成功したのはほんのわずかと言っていいのではないでしょうか?谷崎潤一郎はおそらくその中で最高峰の存在でしょう。なにしろ難しいテーマですからね、下手すると単なる性欲の対象と見做されてしまいます。谷崎潤一郎のエロティシズムに関する作品が日本文学史上に名を残すだけでなく、海外の人にも高く評価され続ける理由はどこにあるのでしょうか?えしぇ蔵はエロティシズムを深く掘り下げたところにある、存在は確認できるが誰もが認めたがらない心理的未知の部分にまで到達しているからではないかと思います。読み手は動揺し、自分の未知の部分を知られてしまったように感じてしまう。つまりは彼の作品を読み始めると、完全にその掌の上で転がされて征服されているわけです。こちらの考えていることは全てお見通しなのです。雲に乗って遠くまで来たつもりでもそこには大谷崎の指が待っているだけなのです。それに気付いた時にこの文豪の恐ろしさの虜となるのではないかと個人的に推察しています。物語はある夫婦とその娘の婚約者の三角関係を夫婦が秘密に記している日記をもとに描かれています。男は故意に妻を娘の婚約者に近づけ、妻への嫉妬心によって興奮を得ようとし、妻はその意図に気付きながら従うという異常な性愛の世界です。普通なら三文エロ小説になりそうな物語が多くの人をうならせる名作に昇華されているその技を是非皆さんの目で確かめて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

田山花袋 「田舎教師」

人は誰しも若い頃には夢を抱きます。男性なら特にそれが強いでしょう。いつか大きな夢をかなえて一旗上げてやると志す人がかつての日本にはどこにでも見受けられました。家族のため、国のためという思いを胸に真摯に生きたことでしょう。ところが天運というものはそんな人たち全てが夢をかなえることを許してはくれません。多くの人が志半ばにしてあきらめざるを得ないのが現実でした。夢を阻む要因は、明治から昭和初期という頃だと病気や出征が大半です。夢に向って走ろうにも社会の情勢や健康状態が許してくれないのです。現代のように熱意と努力次第でどんな夢にでもチャレンジできる環境ではなかったのです。この小説は夢をあきらめざるを得なかった一人の男性の悲しい物語です。冒頭では希望に燃え喜びの中に生きていますが、様々な挫折を経験していき、どの夢もなかなか実現化することができず、最後には病魔に襲われます。夢どころか生きる時間さえ奪われて若くして死んでゆく姿は、きっとかつての日本ではたくさん見られたことだろうと思います。この作品を読んで痛感するのは、現代に生きる我々は夢が叶わないことを悲しむのではなく、夢を叶えるために努力することができるということに感謝すべきだということです。このことを是非現代の若者に、時間と可能性を無限に秘めた人たちにわかって頂きたいのです。読み飛ばすのではなくゆっくり読んで、今の自分に与えられている恵みを実感して頂ければ、この作品を紹介した甲斐があるというものです。それに加えて極めて美しく無駄のない文章の素晴らしさも是非味わって頂きたいところです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する