蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

蒲原有明 「夢は呼び交す」

日本の象徴詩のさきがけとして有名な蒲原有明は、日本文学史を殊に詩において語る場合に必要不可欠な存在ですが、ここで紹介している作品は晩年に書かれた小説で、三人称で書かれてはいますが実質彼の自伝です。一人の詩人の自伝として読むのも面白いですが、日本文学の足跡をたどるという意味でも興味深く読むことができます。蒲原有明は詩人でありながら文壇への最初の登場は小説によるものでした。初めて書いた作品がいきなり読売懸賞小説の一等となり華々しくデビューし、次いで当時巌谷小波が編集していた「文藝倶楽部」から寄稿を求められて二作目を書きます。あっという間に新人作家としての地位を得ます。ところが自分が本当にやりたいのは詩だからということでなんといきなり方向転換します。文学で名を成すことを目標として必死に努力してもそれが実る人はほんのわずかだというのに、この人はあっさりと小説で築いた地位を捨て、詩の探求を始めるわけですから、大物の思考と行動は常人には測り知れないものがあります。それでは詩のほうはどうだったかというと、当時の世間にはあまりにも先進的すぎて受け入れられず、かなり苦労しています。求められるまま小説を書いていれば名誉もお金も手に入ったでしょうに、苦労してでも本当にやりたい詩を選ぶ姿勢にはやはり妥協のない情熱を感じます。この作品はそんな彼の人生を知るには恰好の材料ですが、途中かなり専門的な文学論になったりするので大いに勉強にもなります。彼によって多くの文豪たちがその作品を分析されています。文学好きの人には教材にもなり得る文学論の本と言ってもいいかもしれません。作品の質の高さは圧倒的で、計り知れない実力を感じさせられます。強い意志を貫き通して生きてきた一人の作家の足跡は、文学という枠を超えた部分でも多くの人の共感を得ることだろうと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード