蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

福永武彦 「草の花」

福永武彦という人はあらゆる形でその才能を表現しています。詩や小説はもちろん、随筆や海外文学の翻訳、日本の古典の現代語訳、推理小説、そしてSFまで手がけるというマルチぶりですからまさに物を書くために生まれてきた人という印象を受けます。小説に関してはこの作品で地位を築きました。純粋な愛を美しい文章で表現するこの女性うけしそうな作風から、「なんだか堀辰雄に通じるものがあるな」と感じる方も多いと思います。それもそのはず、福永武彦は堀辰雄の薫陶を受けています。「美しい文学だなぁ……」としみじみ感じるあの雰囲気を味わうことができます。今時この作品の主人公みたいに純粋な気持ちで恋愛をしている人は少ないかもしれません。なんだか現代人としてちょっと反省させられるような純愛物語です。どんなに時代が荒れようと、こういう小説の存在が一つの人間の生活の拠り所となって、心のやすらぎを与えてくれるのではないかと思うので、是非多くの人に読んでもらって、更に次の世代へも伝えていくことができればと思います。余談ですが、皆さんは1961年に東宝が公開した怪獣映画「モスラ」はご存知かと思います。ザ・ピーナッツが小さい妖精役をして話題になった映画ですね。あの映画の原作「発光妖精とモスラ」は実は福永武彦、中村真一郎、堀田善衛の3人によって書かれたものです。こういうところにも名前が出てくるということが、まさに福永武彦の多才ぶりを表わしているように思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

福永武彦 「世界の終わり」

福永武彦という作家は日本の文学の発展の上において必要な人であったと思います。それは、ものの見方、考え方に多くの人とは違ったものを持っていたからです。黒が上になったオセロの駒をみんなして黒だ黒だと言っている時に、裏側はどうなんだろう?裏側は黒じゃないのかもしれない、ひっくり返してみよう、あ、裏側は白だった!という思考及び実行を特徴とする人だからです。そういう人が小説を書くと非常にユニークなものが出来上がるというのは想像できることです。そのいい例がこの「世界の終わり」です。ストーリー全体を説明するとすれば、徐々に精神に異常をきたす奥さんを持った男の話ということで、特に何が面白いのか?と思ってしまいそうですが、面白いのはストーリーではなくて書き方です。第1章は「彼女」というタイトルになっており、彼女の内面における思考を描いています。外側から見ると精神的に異常な人ですから、それは全く非現実的で幻想的です。摩訶不思議な世界が広がっているわけです。夕焼けを見て空が燃えていると思い、世界が終わってしまう恐怖にかられ、急いで家族に知らせようとします。第2章は「彼」です。妻の異常に悩む男の苦悩を描いています。そして第3章が「彼と彼女」。過去の二人の出会いの場面や、彼女の異常にまわりが気付き始めた時などの過去の回想が描かれています。そして最後の第4章は再び「彼女」になり、第1章の続きが描かれます。第2章と第3章は奥さんを取り囲む外的世界を描いており、第1章と第4章は奥さんの内面世界を描いています。精神異常の人を外から観察して書いたものは多いですが、こうして本人の内側からの視線をも合わせて描いたというのが非常に面白い手法だと思います。対比して読み比べるといいと思います。オセロの駒の両面を描いた福永武彦ならではの傑作です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する