蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横光利一 「ナポレオンと田虫」

ナポレオンと聞くと皆さんの頭の中にはどんな肖像が浮かびますか?おそらくジャック=ルイ・ダヴィッドが描いた「ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト」ではないかと思います。あの前足を上げた馬に乗るナポレオンが山の方を指さしてる絵ですね。では次に浮かぶのはどんな絵でしょうか?これも多くの方が同意見だと思いますが、えしぇ蔵はナポレオンが右手をお腹の位置で上着の中に入れている姿が浮かびます。ナポレオンがそのしぐさをしている絵はたくさん残されており、なぜそういうポーズで肖像画を描かせたのかという「ナポレオンの右手の謎」は未だに解明されていません。諸説ある中で面白いのはナポレオンが皮膚病を患っており、お腹の患部を掻いているうちにそのポーズが癖になったというものです。この説をもとにして書かれた作品がこの「ナポレオンと田虫」です。ナポレオンは実はお腹に田虫ができていて、彼がヨーロッパにその勢力図を広げるのと同じように、田虫は彼のお腹の上で患部という勢力図を広げていくというユニークな話です。ヨーロッパの国々を次々に征服していく無敵のナポレオンが唯一勝てないのが自分の田虫でした。夜になると活動を開始する田虫の痒さは彼に睡眠をとらせません。果たしてナポレオンの全ヨーロッパ征服が先か?田虫のナポレオン征服が先か?横光利一の魅力は高度に芸術的作品で唸らせることもあれば、こうして面白い作品で楽しませることもあるという稀有な二面性です。この両立ができる作家は無敵と言っていいと思います。さて、ナポレオンは田虫に勝てるのか?終り方は非常に文学的です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「笑われた子」

今までありとあらゆる作家の作品に触れましたが、個人的には横光利一の作品が一番自分に響いてくるものがあるかなと思っています。特に数分で読んでしまえるような短編で読む人の気持ちをぐっと捕らえて、そして大きな余韻を残せる力量は、芥川龍之介、志賀直哉に匹敵するものがあると思います。この作品も非常に短く、ストーリー的に大きな展開があるわけではないのですが、確実に読んだ後に唸らせるような力を持っています。物語は吉という少年を将来どういう職につかせるかを家族で話し合っている場面から始まります。いろんな意見が出ますが、まだ少年の吉にはどこ吹く風という感じです。そしてその日の夜、吉は口が裂けた大きな顔に笑われる夢を見ます。翌日、吉は丸太と剃刀を持ってその顔を家族に内緒で再現しようと試みます。何日も何日もかけてその顔を作っていきましたが、ある日剃刀がぼろぼろになっていたことから家族に発覚します。父親は吉が作った面を見て感心し、吉を下駄屋にすることを思いつきます。そして実際に吉は下駄屋になるわけですが・・・最後のオチはなんとも不思議なインパクトを受けますが、それがなぜか妙に心に残ってしまいます。最初は「うーん、不思議だ・・・」という印象はやがて、「うーん、すごい・・・」に変わります。優れた才能の成せる業というのはそういうものなのかもしれません。ところでこの作品を読んで、あれ?こういうの前に読んだことがあるかも・・・と思われる人もいるかもしれません。というのは、プロットが志賀直哉の「清兵衛と瓢箪」に似ているからです。「清兵衛と瓢箪」の場合は主人公の子どもが瓢箪に関して大変な目利きだったというストーリーですが、どちらも子どもの人並み優れた隠れた才能をテーマにしています。考えてみるとこの2作品に限らず、子どもに隠れた才能があってそれが物語を面白く展開させるというパターンは昔からたびたび使われているようです。子どもの才能を周囲の大人は見落としていないか?それを伸ばす環境を与えているか?という疑問が根底にあると思われます。子どもを見る優しい目が生んだ作品といえますね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「上海」

この小説の舞台は1920年代の上海です。この頃の上海は実に興味深い状況にあります。東洋のパリと言われるまでに繁栄しており、様々な民族様々な文化が流入し混在していました。イギリスを筆頭に列強各国の資本も投入され企業は多数進出する一方で、ロシア革命から逃れて没落した上流・中流階級の白系ロシア人も多く存在しました。いわば類の異なる人間を同じ街に詰め込んだらどうなるだろうか?と誰かが実験でもしているような混沌とした社会を形成していました。横光利一が芥川龍之介に勧められて渡った上海はそういった状況にありました。そんな街を目の当たりにすれば彼でなくとも創作意欲はそそられたことだろうと思います。上海ではちょうどこの頃、1925年に「五・三〇事件」が起こります。これは、日本資本の綿紡績工場の争議中に死傷者が出たことをきっかけとして徐々に抗議活動が拡大し数千人規模のデモにまで発展し、それを鎮圧しようとして更に死傷者が出た事件です。この事件はその後の反帝国主義運動にまでつながっていきます。横光利一はこの「五・三〇事件」を物語の背景としています。展開もスリリングで、かつ他の作品同様風景描写が素晴らしく、ストーリーも面白いです。映画にしたらさぞかし大作になりそうな感があります。とにかく最初から最後まで楽しめる文章の巧みさには全く舌を巻いてしまいます。洗練された美しさと磨かれた知性と嫌味のないかっこよさがあります。これぞ新感覚派の文章です。大衆小説的面白さがあって、しかもこの文章ですからこれ以上何を求めるべきでしょうか?えしぇ蔵的には横光利一の代表作の中でも特に秀逸なのではないかと思います。こんなすごいものを書ける人がこの先出るのでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「春は馬車に乗って」

アメリカで暮らすある友人が日本の文学作品に飢えているということで、えしぇ蔵のセレクトで何か送って欲しいと頼まれて迷わずこの作品が含まれている横光利一の短編集を贈りました。文学のわかる友人だったので大変喜んでくれました。自分にとって特別に印象深い文学作品というのは、一度読んだらその後ずっと本棚で眠るというものではありません。繰り返し繰り返し手にとって読み直すものです。そしてそういう作品は必ず読むたびに新しい発見があります。この作品はえしぇ蔵にとって”繰り返し読む”本の一つです。内容は悲しい愛の物語です。病床において死を間近に控えた奥さんを主人公が看病する日々を描いていますが、二人のやりとりが非常にリアルに描かれています。残りわずかな時間を愛を確かめあいながら仲良く過ごすという単純な悲恋ものではありません。時には感情の行き違いから喧嘩もします。悲しみだけでなく焦燥や怒りも含まれており、その不安定な心情を実に見事に描いてある点が余計に涙を誘います。そしてこの素晴しいタイトル、「春は馬車に乗って」。これがどういう意味かは作品の最後でわかりますのでここでは説明は省きます。春は馬車にのってゆっくりとやってくる。さて、どういう意味なんでしょうか。横光利一は川端康成と親友で、ともに”新感覚派”と言われた作家ですが、正直に言うとえしぇ蔵はノーベル文学賞とったを川端康成よりも彼のほうが才能は上ではないかなと思っています。現実に川端康成自身も自分は横光利一の先には行っていないという自覚があったようです。日本の文学史上においてトップクラスの実力者の力作を皆さんも是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「蝿」

よくいろんな人に「一番好きな作家は誰ですか?」と訊かれますが、これが一番答えにくい質問です。えしぇ蔵は明治初期の坪内逍遥から昭和中期くらいまでの作家ならそれこそ山のように尊敬する作家が存在しますし、一方で古典も好きですし、中国や欧米の海外文学における好きな作家も枚挙に暇がありません。それでも誰か一人と言われていつも答えるのは横光利一です。そしてその時には必ずこの「蝿」に強烈なショックを受けたことを話します。えしぇ蔵にとってはこの作品との出会いは自分の目指す文学の方向性を決める際に大いに参考にしました。この作品が初めて読んだ横光利一の作品であるにも関らず、既に底知れぬ敬意を抱いていました。「こういう作品を書きたい!」という強い欲望は今でも保持し続けています。もしかすると人生を変えた作品となるかもしれません。ストーリーは一匹の蝿の目から見た人間たちのごく平凡な日常を描いています。一体この作品は何を言いたいのだろうと思いながら読み進んでいくと、あっと驚く結末が待っています。そして全部読み終わって後に、この作品の言わんとするところが強烈に脳みそにつきささってくる感じがします。インターネット上でこの作品に関するいろんな感想の中に面白い表現がありました。”この作品は最初は蝿が死、人間が生を象徴しているが、最後にそれが逆転し、蝿が生、人間が死になる。”えしぇ蔵も全く同感です。生と死の表現、そこにこの作品の真髄があるのではないかと思います。非の打ち所のない構成、美しくリズムのある文章、ありありとその情景がうかぶ巧みな描写など、作品としてもまさに完璧と言っていいのではないかと思います。当時の文壇を驚かせたというのもうなづけます。皆さんにはどれくらいショックを与えるでしょうか?是非、お試しを。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「日輪」

川端康成とともに「新感覚派」の旗手として一時代を席捲した横光利一は、えしぇ蔵が個人的に崇拝する作家の一人です。戦後まもなく病死しますが、その葬儀の際、川端康成は弔辞において「君の名に傍えて僕の名の呼ばれる習わしも、かえりみればすでに二十五年を越えた」と読みましたが、これは要するに川端康成が、終始横光利一を超えることはできなかったと自ら認めているわけです。彼はそれほどの偉大なる作家でした。そのすごさの一端を知るには、この作品もまさにうってつけです。舞台は古代の日本、卑弥呼が登場する邪馬台国です。卑弥呼のあまりの美しさに魅了された男たちが、彼女を我が物とするために必要のない戦を始め、お互い血を流します。卑弥呼がいかにして日本を統一し、女性君主となることができたかを大変ドラマティックに描いています。映画や大河ドラマにするにはもってこいの面白さです。この作品では横光利一の作品の特徴がよく現れています。つまり、彼は文学において芸術を追い求めるかのように見えて、実は結構ストーリーも工夫しているということです。これこそまさに彼の、「純文学にして通俗小説、このこと以外に、文藝復興は絶對に有り得ない」という主張を裏付けるところです。いわゆる”純粋小説論”ですね。彼は小説のあり方を追求したという意味でも文学史において大きく貢献しています。ちなみにこの作品は彼がまだ文壇に登場して間もない25歳の頃に書かれています。読まれるとわかりますが、25歳にしてこの完成度は半端じゃありません。構成のしっかりした物語を美しい文章で流れるように描いています。今、20代でここまで書ける日本人はまずいないでしょう。「新感覚派」の旗手の若き頃の実力をご堪能下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横光利一 「夜の靴」

大学で日本文学史を勉強した人とお互いの尊敬する作家について語り合ったことがありましたが、その際にえしぇ蔵が横光利一の名前をあげると驚くことにその人は知りませんでした。大学で勉強したのに知らないということがあるでしょうか?実はこれは有り得る話なのです。新刊本を売っている街の本屋さんに行って横光利一の本を探してみて下さい。おそらく簡単には見つけることができないでしょう。今の時代、その存在すら知らない人が多いのは事実です。その理由は戦争中における彼の国粋主義的な活動にあります。要するに軍部に味方するような言動や行動が多かったので、それを戦後に糾弾されたわけです。驚くことに出版社から出版拒否なんていうこともされたようです。このへんは日本人のご都合主義の犠牲になったような観がないわけではないのですが、そういった理由によって一時は文学史から抹殺されてしまいます。あのノーベル文学賞の川端康成ですら一目を置いていたほどの作家の存在を否定した時代があったのです。そういった経緯があって今では作品があまり手に入りにくい作家という位置づけになってしまいました。この現実にはえしぇ蔵は大いに疑問を持ちます。戦時中に軍部よりのものを書いて戦後も一線で活躍した人は大勢いますがなぜ彼だけここまで?と思わずにはいられません。それに作品の質は作家の思想や姿勢によらず評価されるべきであり、ことに優れた彼の場合は日本文学史の誇りとすべきだと思うわけです。徐々に再評価という動きはあるようですが、えしぇ蔵的には日本人なら知らない人はいないというほどの存在に返り咲いて欲しいと思っています。この作品は晩年の彼の日記ですが、その文章の美しさは圧倒的です。その実力の片鱗をうかがうには十分の作品です。おそらく古本屋でないと手に入らないと思いますが探してみて下さい。こんなすごい作家もいたんだということを是非知って下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する