蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

直木三十五 「益満休之助」

直木三十五の一代傑作大長編「南国太平記」を読んだ方は是非どうぞ。これは続編です。「南国太平記」では倒幕運動が始まる予兆のみを暗示して終わりましたが、この作品では益満休之助が江戸において倒幕に大いに貢献します。普通の歴史ものの作品と違うのは、世の中の変化を江戸に住む庶民の目でとらえていることです。「南国太平記」でお馴染みの庄吉、南玉、富士春らが登場し、変わり行く世の中に翻弄されます。べらんめぇ口調で交わされるリズムのよい会話は今回も楽しめます。彼らをとりまく時代はどう変わっていくのでしょうか?それぞれの人生はどう展開していくのでしょうか?本当に楽しめる一冊です。ところでこの益満休之助は実在の人物なんですが、ご存知の方がどれくらいいますでしょうか?日本は江戸末期から明治にかけて本当にたくさんの優れた人材が表舞台に登場し、それぞれに日本の将来のために人生を費やし、そして散っていきました。西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎、勝海舟、坂本龍馬・・・・・・などなど、枚挙に暇が在りません。その中においてもしっかりと存在をアピールしているのが益満休之助です。その活躍は本作品の中でほぼ描かれていますが簡単に説明すると、彼は倒幕のための工作員でした。西郷隆盛の命によって江戸に潜入し、多くの仲間とともに騒ぎを起こして江戸を混乱させます。彼はその首謀者として幕府に拘束されますが、その騒ぎによって人々は不安を抱き、幕府への不満を募らせました。それが倒幕の大義名分となるわけです。その後、薩長の狙い通りに全面戦争(戊辰戦争)に突入します。そしてあの有名な「江戸城無血開場」となるわけですが、その際に幕府側の使者である山岡鉄舟を西郷隆盛のもとへ案内したのが、幕府に拘束されていた益満休之助でした。歴史の重要な場面で重要な役割を演じています。そんなすごい人なのです。どうです?読みたくなったでしょ?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

直木三十五 「南国太平記」

まずは直木三十五という人をご存知でしょうか?日本文学史に欠かせない偉大なる作家なんですが、さて、今から本屋さんに行ってこの人の本を探してみましょう。ありますかね?ありませんね。よほど品揃えのいい大きな本屋さんに行くか、古書を扱う昔ながらの古本屋さんに行くか、あるいは通販で全集を買うか、ヤフオクで出品を待つか、そういった手段でないとなかなか手に入らないという現実があるわけです。これが常にえしぇ蔵が嘆く日本の悲しいところです。偉大なる作家の素晴しい作品をどんどん廃版にして後世の人に伝えようとしないのです。先人の残してくれた遺産は大事にしたいものですよね。直木三十五はあの直木賞の由来となった作家です。この人の作品は面白く読める大衆小説が中心だったので、直木賞はそういった作品が対象となっています。とにかく読み手が夢中になって、本に釘付けになるような娯楽性の高い作品を残していますが、中でも一番のお勧めはこの「南国太平記」です。これは直木三十五、一代の傑作といわれる壮大な歴史エンターテイメントです。時代は幕末、薩摩の島津家で起こった”お由羅騒動”を題材にしています。斉興派と斉彬派に分かれた島津家の家臣たちの勢力争いは、日本中の人望を集める斉彬の広い心によってその方向を変えていきます。薩摩隼人らの燃えたぎる情熱は、やがて日本を変える情熱へと昇華し、物語が終わった後に起こる倒幕運動の幕開けを予告して終わります。それはそれは素晴らしい傑作です。長いですがそれを感じさせない面白さとスピード感があります。出てくる登場人物は完全に悪役にまわっている人はいなくて、いづれもこれでいいのかと迷いつつ行動している部分にどこかしら直木三十五の優しさを感じるような気がします。直木賞に名を残す人がどんなものを書いていたのか、やはり知っておきたいところです。面白さは絶対の保証付。是非、頑張って探して、読んでみて下さい。よかったら続編の「益満休之助」もどうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード