蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

陳舜臣 「小説十八史略」

中国を舞台にした歴史小説がとりあげる時代とくれば皆さんはどの時代を連想されますか?えしぇ蔵的にはまず三国志で描かれる後漢から魏蜀呉の三国時代ですね。次は秦の滅亡後、項羽と劉邦の対決を経て漢が建国される頃でしょうか。その次は春秋戦国時代かな。でも考えてみるとこうやって一つのポイントで中国の歴史に触れることはあっても、あの長い歴史全体の流れを知る機会はなかなかありませんね。小説で取り上げられる時代の前はどうだったのか?あるいは小説が終わった後の時代はどうなっていったのか?秦の始皇帝からフビライ・ハンまでどうやってつながっていくのか?そういった疑問を全て説明してくれるのがこの作品です。宋の時代の曾先之という人によって書かれた壮大な中国の歴史の物語「十八史略」をもとにして、陳舜臣がわかりやすく解説を交えながら小説にしたものです。小説とはいいますが、架空の人物は一切登場せず、ほぼ史実そのままを書き綴っていますので、中国の歴史の大筋を学ぶにはうってつけです。最初は神話の時代をさらっと流して、本編は殷の紂王から始まります。そして様々な王朝の栄枯盛衰を経て、最後は宋の滅亡で終わります。なにせ書かれたのが宋の時代なのでその先はありません。中国の歴史全体を学びたいという方には同じ陳舜臣による「中国の歴史」がお勧めです。ただ、面白さという意味ではこちらの方がいいかなと思います。次々に登場する英雄たち。皇帝の座を、中国の統一を、栄耀栄華を夢みて縦横無尽に活躍し、名を残し、死んでいきます。国の歴史は人間の歴史です。命がつながって時代が作られるということをしみじみ学びました。長い長い物語ですがどの時代も面白く飽きさせません。興味ある方は是非ゆっくり時間をかけて読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

陳舜臣 「諸葛孔明」

吉川英治を筆頭に、柴田錬三郎、北方謙三などなど、三国志を書いた作家は本当にたくさん存在します。いづれも羅漢中の原作をもとにアレンジを加えてオリジナルの三国志となっているわけですが、史実に基づいたテーマ自体が面白いのでおおよそ誰の作品を選んでも面白く読めるのではないかと思います。一人の作家に絞らず、作家を変えて何度も読むとまた面白いと思います。えしぇ蔵も5人以上の作家の三国志を読みましたが、その多くに共通するのは諸葛孔明の見事な采配です。常に冷静沈着に先の先を読んで千軍万馬を縦横に操り、敵の意表をついて向うところ敵なしです。前半において苦労を積み重ねる玄徳らを一挙に一国の主にまで押し上げる活躍に胸のすく思いを感じるのは誰しも共通ではないかと思います。読者を喜ばせようと豊富にエンターテイメント性を含んでいる作品なので、まるで完全無欠のように描かれていることが多い諸葛孔明ですが、史実はどうだったのでしょうか?もはや想像するしか術はないわけですが、ここにおいて別の見方を試したのが陳舜臣の「諸葛孔明」です。この作品では諸葛孔明はより現実的に描いてあります。完全無欠の天才軍師としてではなく、弱い面もあるし失敗もするが、努力と誠意と知恵によって道を切り拓き、苦労しながらも蜀の国を引っ張っていく一人の人間として描かれています。そこが非常に面白いところです。雲の上の人とするのではなく読者と同じ目線を持った人間として描くことによって生まれてくるものはなんでしょう?それはただ呆然と上を仰ぎ見るだけの崇拝ではなく、勇気と希望を与える尊敬です。つまり今の時代に生きる人々に大いに参考になる存在となるわけです。この描き方はある意味勇気ある試みですが、非常に賞賛されるべき手法だと思います。三国志としても、一人の人間の生き様を描くドラマとしても面白く読める作品です。ここらでちょっと一味違う諸葛孔明の活躍を読んで見てはいかがでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード