蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

斎藤茂吉 「寒雲」

短歌に興味を持ったら必ず行き着くのが偉大なる歌人、斉藤茂吉です。彼は伊藤左千夫に弟子入りしてから短歌の道を歩み始め、大正から昭和初期にかけてはアララギ派の代表的人物となりました。とにかく残した歌の数がすごいです。18000首近く詠んでいます。発表した歌集は17冊。随筆も残しており創作意欲は非常に旺盛でした。ところが彼の本業は医者なんですね。意外と知られていない事実のようですが彼は精神科医としても成功しています。本人も医者のほうが本業で、歌はあくまで「業余のすさび」と語っています。彼の名を一躍有名にしたのは処女歌集「赤光」です。ロマンにあふれた新しい作風は当時の世間を驚かせました。そうして文壇にしっかりと自分の位置を築いた後、時代は日中戦争に突入し、太平洋戦争へと続いていきます。そうした軍靴の響く世相不安な昭和15年に発表されたのがこの「寒雲」です。時代背景から内容的に戦意高揚的なものが多く含まれています。彼の戦争中における創作活動を、戦争を肯定し軍に協力したということで批判する人がいますが、これは個人的にはちょっと納得のいかないことだと思っています。あの戦争に関してはきちんと事実関係を調査して、国がなぜ戦争という悲劇を経験してしまったのかを自分なりにある程度仮説をたてた上で批判するなり肯定するなりすべきであって、決して短絡的な「あの戦争は日本が悪い。だから戦争協力した人も悪い。」という見地から彼を批判するべきではないと思います。異国で戦う兵士を想って詠ったその気持ちを何も知らない後世の人間が敬遠するのは間違っていると思うので敢えてここでこの歌集を紹介しました。当時の斉藤茂吉のまっすぐな想いをこの作品から感じて頂きたいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード