蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

水上勉 「金閣炎上」

1950年7月2日の未明、金閣寺は放火によって焼失します。これは当時の世間を騒がせた大事件でした。人命の被害はありませんでしたが、室町時代に建てられた国宝の舎利殿(金閣のこと)が、中にあった足利義満の像や観音菩薩像などとともに灰になってしまったわけですから国家的な大損失であったわけです。犯人は鹿苑寺(金閣寺)の師弟、林承賢(当時21歳)。当然ながらこの犯人に対して世間は猛烈な非難を浴びせるわけで、おそらくこの事実を知った後世の人も同じ憤りを覚えたことでしょう。ところが水上勉はそうではありませんでした。彼は非常に詳細にこの事件について調査し、林承賢(小説の中では林養賢)がどうしてこの犯罪にまで到ったのかを彼なりに結論を出しています。これを読むと誰でも犯人に対して抱いたものが徐々に変わっていくのを感じることができると思います。本来、修行の場であるはずの寺が観光の目玉として利用され、拝金主義の空気が寺の中を支配していく、そんな現実を前にして実直な主人公の堪忍袋の緒は切れてしまう……という説でストーリーは進んでいきます。現実に主人公の動機に関しては諸説ありましたが、この事件を題材にした作家はそれぞれに持論を展開しています。有名なのは皆さんもご存知の三島由紀夫の「金閣寺」です。三島由紀夫は犯行の動機を「美への憧れ」が屈折した結果ということにしています。いづれにしろ犯人は服役中に結核で死亡していますので真相は謎のままです。統合失調症を事件当時から発症していたということなのでそれが大きく影響していたのは間違いないと思います。この作品は一応小説ということにはなっていますが、極めて優れたドキュメンタリーでもあります。もしこの事件に関して調べたいという人にとってはまず最初に読むべき資料と言えると思います。それほど詳細に取材がなされており、資料的に非常に貴重なものです。どんな事件でも報道で得ることができる情報はほんの一部です。詳細に調べれば調べるほど複雑な事情が判明します。犯罪事件を決して一面だけで判断すべきではないという教訓を得ることができるという意味でも評価できる作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

水上勉 「飢餓海峡」

年に2回、芥川賞と直木賞の発表があるのは皆さんご存知ですよね。芥川賞は純文学小説を対象に、直木賞は大衆小説を対象にしています。このように日本では古くから小説を純文学と大衆に大別する傾向があります。では世の中の小説は全てそのどちらかに属しているのでしょうか?書く側はどちらかに属するように書かないといけないのでしょうか?文学というものがそんな簡単に分類できるものではないことは周知の事実です。この堅苦しい垣根を取り払って、もっと自由に創作活動をしたい、どちらの要素も持ったものを書きたい、と果敢に挑戦し、見事にそれに成功した作家も多く出ました。横光利一や松本清張がその典型的な例です。あるいは山本周五郎みたいにそんな垣根の存在すら無視して書き続ける作家もいました。両方の要素を持ったものは数こそ少ないですが名作の確立は高いです。芸術的な表現をもって面白いものを書けば素晴しいものが生まれるのは当然ですね。前振りが長くなりましたが、つまり水上勉も両方の要素を持った作品を書ける人だと言いたいわけです。この人は純文学、推理、童話など様々なジャンルに作品を残していますのでその力量は言うに及ばずです。この作品は推理とサスペンスがからんだ壮大なドラマです。言うなれば松本清張的な作品です。物語の始まりは昭和29年に青函連絡船が台風で転覆した「洞爺丸事故」を題材にしています。その際に収容された遺体に身元不明のものがあることをきっかけに事件が展開していきます。犯人を追う刑事たちの執念や、逃げて逃げて過去を消し去ろうとする犯人の姿を描きつつ、一人の女性の一途な思いを軸にした人間ドラマもからめて、厚みのある長編に仕上がっています。舞台も北海道に始まって、日本中を移動します。たっぷりと楽しませてくれる作品です。純文学と大衆の垣根をまたぐ作家である水上勉の力量の一端が窺えるのではないでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

水上勉 「五番町夕霧楼」

本屋でその名前を見つけたら吟味することなくすぐに買う作家が何人かいますが、水上勉もその一人です。かなりの数を読みましたが未だ外れたことはありません。おそらく同じように「水上勉なら・・・」と安心して買う人は多いのではないかと思います。ではなぜ彼はそんなに読み手の心をつかめるのでしょうか?勝手に推測してみましたが、それはきっと「文学」と「エンターテイメント」が融合しているからだと思います。だからどちらの好みの人も捕らえてしまえるわけです。文章の美しさ、表現の巧みさは極めてハイレベルな文学です。一方で読み手を飽きさせない予測不可能なストーリー展開は抜群のエンターテイメント性といえます。一見矛盾するかのような対極にある魅力を見事に融合させた作家は多くのファンを持つに至ります。そんな彼のオールマイティな魅力を堪能するにはこの「五番町夕霧楼」は「雁の寺」とともに最も推薦したい作品です。舞台は京都。五番町にある遊郭「夕霧楼」に夕子という名の美しい女性が預けられます。そこへある若い客が頻繁に通うようになってから、夕子の行動が怪しくなっていきます・・・この辺のワクワク感が水上勉ワールドです。なにか秘密が隠されている!何かが裏で進行している!なんだろう?なんだろう?と読む人を引きつけておいて、驚きの結末を迎える。まさに映画の脚本には持ってこいの面白さがあります。そして物語の底辺にはやるせない悲しみがあります。テーマがしっかりしていることと表現が美しいことによって作品が軽くなりません。文学的サスペンスとでも表現しましょうか。これを読むときっと水上勉ワールドにはまると思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

水上勉 「雁の寺」

水上勉は個人的にも大好きで、よく買って読みます。本屋で見つけるとほっておけない作家です。それだけ惹かれるのには理由があります。彼の作品は文章表現の見事さで楽しませてくれる上に、ストーリーも読み手を夢中にさせるほど面白いからです。純文学的な表現で、大衆文学的物語を読ませてくれます。そういった両方の魅力を兼ね備えた作家には他にも松本清張や横光利一などがいますが、やはりみんな個人的にお気に入りの作家です。結局えしぇ蔵の目標とする作品のスタイルもそのへんにあるのかなと思ったりしてます。この「雁の寺」は水上勉の魅力を堪能するには最もお勧めの作品です。修行中のある小僧が、お寺で起こった事件に巻き込まれる話ですが、後半の展開が非常に面白くて夢中で読みました。水上勉自身、お寺で修行したこともあり、その時の経験が作品の中に生かされています。しっとりした純文学かなと思わせておいて、最後はハラハラドキドキのサスペンスです。読後の満足感は申し分ありませんでした。全部読んだ直後にもう一度最初から読もうかなと思ったほどです。この作品は昭和36年に第45回直木賞を受賞しました。この作品の成功によって水上勉は大きく飛躍していきます。推理小説として読んでも十分に面白い作品ですが、後に彼は推理小説も残しており、「海の牙」という作品では日本探偵作家クラブ賞も受賞しています。総じて面白さを追求することもできる作家ですので、1冊読めばはまっていく人は多いと思います。ちなみにこの作品には続編がありまして、「雁の村」「雁の森」「雁の死」と続きます。「雁の寺」を読めばきっと全部読むことになるでしょう。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する