蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

川端康成 「伊豆の踊り子」

日本人なら知らぬ人はいない日本文学史上燦然と輝く名作中の名作です。描かれている日本の風景の美しいこと!ここにまさに川端康成が後に自分の使命とした「日本の美を伝える」意気込みが感じられます。この作品は川端康成の実体験がもとになっています。彼は大正7年に下田に旅行します。その前年に旧制第一高等学校に入学していますから、若く多感な頃です。その時の体験を大正11年に「湯ヶ島での思い出」という作品にしています。さらにそれをもとにして大正15年にこの名作を書いています。本人にとっては若い頃の作品ということで納得のいかない部分が多いようですが、逆に若さがこの作品の誕生には必要だったのではないかと思います。こんな清廉で率直で美しい文章は逆に老練のベテランになってからは書けなかったのはないでしょうか?作品としてはとてもシンプルな内容です。主人公が伊豆へ旅して出会った踊り子の旅芸人たちとの心のふれあいが、静かに流れる時間の中で極めて美しく描かれています。まるで清流のせせらぎを聞くような心持にさせてくれる作品です。発表されて以来、現在に至るまで日本を代表する名作文学の位置を譲ることはありませんでした。よほど日本人の心に響くものがあるのでしょう。いつの時代でもその評価が下がることはありませんでした。おそらくこれからもそうでしょう。映画化された回数も多く、なんと6回です。しかも毎回その時代のトップスターがヒロインを演じました。第1回では田中絹代、以下順をおっていくと、美空ひばり、鰐淵晴子、吉永小百合、内藤洋子、山口百恵です。錚々たる面々です。これからも繰り返し映像化されるでしょうが、えしぇ蔵としては映像としてその作品世界を経験する前に、川端康成の文章で先にじっくり味わって頂きたいと思います。それにしても川端康成という人はこんな純粋な作品を書くわりには豪快な人だったようで、湯ヶ島の滞在ではほとんど宿賃を払っていないそうです。まぁでもこの作品が世界的に有名になって湯ヶ島も有名になったから宿賃分は帳消しというところでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

川端康成 「雪国」

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」この名文は皆さんよくご存知かと思います。我国に初めてノーベル文学賞をもたらした文豪、川端康成の代表作「雪国」の冒頭部分ですね。名作というのはやはり冒頭の部分が秀逸ですね。川端康成は海外の人にとっては日本の文学、日本の作家を考える上で一番最初に頭に浮かぶ作家ではないでしょうか?ノーベル文学賞に名を残したことがその大きな理由だといえます。日本を代表する作家の代表作である「雪国」を通して、日本という国を連想する海外の人はかなり多いと予想できます。この作品では美しい日本の情景、細やかな心理描写が高く評価されていますが、海外の人に与える日本のイメージを美しいものにしていることは間違いないでしょう。そもそも川端康成は日本の美を追求し、それを多くの人に伝えることを己の使命と考えていた人ですので、狙い通りの効果は十分あげているのではないでしょうか?実に美しい文学作品というイメージが先行しているので忘れられがちですが、実はストーリーも結構面白いのです。主人公の島村は妻子ある男なのに旅先で出会った芸者の駒子といい関係にある。そこにまた葉子という女性が絡んでくる。主人公は一体どこに落ち着くのかと思わせてドラマは徐々に盛り上がり、最後のシーンでドラマティックな結末を迎えるという内容です。海外の人にも受け入れてもらうにはストーリーにも力を置いておかないといけないというのは否定できません。美しく、そして面白く。魅力が多面に渡るからこそ名作なんでしょうね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード