蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

里見弴 「極楽とんぼ」

里見弴は有島家の四男です。長兄は「在る女」「小さき者へ」などの名作を残し、軽井沢の別荘で人妻である波多野秋子と心中するという悲しい最期をとげた有島武郎。次兄は「二科会」の創設メンバーでもある画家の有島生馬です。つまりは才能あふれる芸術家兄弟のうちの一人ということです。この作品ではその有島家をモデルに虚実とりまぜて物語が構成されています。主人公は三男で、これがどうしようもないわがままな問題児でして、真面目に生きる人間が馬鹿馬鹿しく見えるくらいにやりたい放題、まわりに迷惑をかけてばかりなんですが、それでもどこか無邪気な部分があって憎めないというまさに極楽とんぼそのままの男です。楽しく生きよう、楽に生きようと悪知恵を働かせ、器用にたちまわるようで結局は失敗し、それでもなんとか世の中を泳いでいる姿が実にユーモラスで痛快。たまに悲劇が襲い、落ち込むこともありますがそれも長続きせず、すぐにまたあっちでやらかし、こっちでやらかし、家族をはじめまわりの人は怒ったりあきれたり、振り回されっぱなしです。実際に自分の近くにこんな人間がいたらとんでもない話だとは思いますが、こうして作品の中で暴れている分には読む側としては実に楽しませてもらえます。真面目に一生懸命な人生もあれば、こんなお気楽人生もある。どちらも同じ人間が作ったものです。そう思うと主人公の人生を通して何かが見えてくるような気がする人も多いのではないかと思います。また違った人生の捉え方を知ることで、少し視野が広がるような気がします。ただユーモラスなだけの作品ではないことはすぐにわかると思います。老年に達した里見弴が人生というものを振り返って描いたらこうなったという感じでしょうか?とても深いものが含まれている傑作です。有島武郎の作品は人生を深刻に考える真剣さが伝わってきますが、これはおそらくその真面目な人間性の現れなのだと思います。一方でこの作品の空気というのは前述のとおりユーモアを含んだ気楽なもの。兄の作品とは正反対の印象を受けます。同じ兄弟でこうも人生を見る目が違うというのは実に興味深いところです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

里見弴 「若き日の旅」

文学に興味のない人でも「白樺派」という言葉はご存知かと思います。個人の自由や理想、人としてのあり方などをテーマにした、人間賛歌的作品を多く世に出した一派で、1910年代に活躍しました。参加メンバーは、武者小路実篤と志賀直哉を中心に、有島三兄弟(有島武郎、有島生馬、里見弴)、木下利玄、柳宗悦、郡虎彦、長與善郎などで、作家以外にも画家の中川一政、梅原龍三郎、岸田劉生や、美術史家の児島喜久雄もいました。もともと学習院の仲間が集まって雑誌「白樺」を発行したことから始まりました。後に文学、芸術のみならず社会的にも多大の影響を残します。いわゆる日々の生活の心配などとは無縁の、ブルジョア層の若者が始めたことですから、苦労知らずのお坊っちゃんたちの非現実的活動との見方もあります。その白樺派のメンバーである、志賀直哉、木下利玄、里見の3人は明治41年の春に関西方面へ2週間の旅に出ます。この作品はその旅行記です。まだ日本は貧困と戦う時代であるにも関らず、3人は結構暢気に旅をしています。このへんがさすがにブルジョア層のなせるわざかなと思います。3人ともいづれは有名になっていくわけですが、この頃はみんなまだ若く、里見弴にいたってはまだ19歳でした。夢を抱いた若々しさが文章の中から感じられます。3人の愉快なやりとりが非常にユーモラスで、全体的に”青春”を感じる爽やかさがあり、本当に楽しそうな3人が目に浮かんできます。後の世の大物3人も若い頃はこんなにお茶目だったのかと思うと妙に親しみが湧いてきます。読み進んでいくうちに旅愁に誘われますよ。大物作家たちの若き日を垣間見るには絶好の資料です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する