蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉川英治 「宮本武蔵」

日本人なら知らぬ人はいない天下無双の宮本武蔵。その生涯で一度も負けたことがないということも皆さんご存知だと思います。最も高い水準にまで達した剣の達人という印象があるのではないでしょうか?そんな宮本武蔵ですが、果たして昔からずっと語り継がれてきた人なのでしょうか?確かにその足跡は江戸時代からしっかりと伝えられてはいますが、今のように剣の道でのスーパースターというイメージを確立したのは、実はこの吉川英治の作品がきっかけなのです。この作品によって宮本武蔵のイメージは強烈に日本人の中に印象付けられました。この作品は1935年8月から1939年の7月まで朝日新聞に連載されました。この連載された時期も人気に拍車をかけた一つの要因です。1937年から日中戦争が始まりますが、当時は国を救うために真剣勝負に勝つ強い男が求められた時期と言えます。そういう時期に登場したものですから諸手を上げて迎えられたというのも頷けます。まさに武蔵こそ理想の男という図式になるわけです。その後、戦争が終わっても日本人の中では宮本武蔵こそ理想の武士、理想の男というイメージは変わることなく現在まで続いています。つまりこの作品はそれほどの影響力を持っていたと言えるわけです。とにかく面白いの一言。一気に読み進みます。この痛快な物語を通して描かれる宮本武蔵の生き様には、やはり学べる部分がかなりあります。ここから何かを学ぶもよし、エンターテイメントとして読むもよし、是非皆さんもこの理想の武士の物語をお楽しみ下さい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

吉川英治 「新・平家物語」

吉川英治の超大作です。古典の「平家物語」を基本とした上に、「保元物語」「平治物語」「義経記」「玉葉」「吾妻鏡」「源平盛衰記」などの作品の内容も取り込んでより大きなスケールで平安時代の騒乱を描いています。期間としては平清盛の若年期から源頼朝の死までの約70年間に渡っています。連載は7年に及んだそうです。この作品は一言で言えばとにかく痛快無比。面白さでは群を抜いています。吉川英治の「三国志」を読んだことがある方は吉川英治の作品の面白さがどういうものかお分かりだと思いますが、とにかく読み始めてしまったが最後、今日はここでやめようということができません。(ちなみにえしぇ蔵は吉川英治の「三国志」全巻を3回読みました。)あの感覚がこの作品でも味わうことができます。70年間という長い時間の中で様々な出来事が次から次に起こります。平清盛を主人公にして始まるものの、途中で何度も主人公は交替します。従って様々な目線で同じ時代を見ることができます。天下の覇権を握った者の目線から、一介の貧しい医者の目線まで、上下の角度も様々です。勇ましくも残酷な戦の世界だけでなく、雅な恋愛の情景もあり、陰湿な政治の駆け引きもあり、バラエティに富んだ内容になっています。だからこの平安時代の騒乱の一時期がどういう世情であったかが的確に理解できます。大別すると平家と源氏の争いということになりますが、どちらが正義でどちらが悪という描き方ではなく、また誰が悪くてそうなったということにも言及していません。多少は後白河院の謀略好きのせいで多くの武将が不要な争いの前に尊い命を失ったように描かれている部分はありますが、全体的には各々が各々の立場で時代に翻弄されて生きてそして死んでいったというふうに客観的に描いてあるので後味の悪さがありません。そこに吉川英治の当時の人間を見る優しい目線があるように思います。歴史というのは勝者によって都合よく書き換えられるものですが、この作品は源平合戦を、そして平安時代の一時期を知るには非常にいい参考になるのではないかと思います。やはり何事も客観的に眺めなければ真実は見えてきませんよね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉川英治 「三国志」

三国志は中国三大奇書の一つで、恐らく世界中で最も面白い物語のトップを争う作品だと思います。皆さんも何らかの形でその内容に触れたことはあるでしょう。なにせ芝居、映画、ドラマ、漫画などで何度もとり上げられていますからね。小説において日本語訳、あるいはそれを基にした創作を発表した作家も数限りなくいます。えしぇ蔵も作家を変えて何度も読みましたが、断然一番面白いのは吉川英治でした。文庫で全8巻と結構長いのにあっという間に読み終えて、あまりに面白かったので2回読んでしまいました。登場人物が多くいろんなドラマが絡みあう長い長いストーリーを面白く読ませるのは作家の腕以外のなにものでもありません。吉川英治の場合は無駄を省いて読みやすくしてあるので読む側をぐっとひきつけるのではないかと思います。水滸伝や西遊記でもそうですが原書の直訳はかなり読むのに苦労します。一度原書の直訳をぱらぱらっと見てみるといかに吉川英治が読みやすくアレンジしてくれているかがよくわかります。そうかといって勝手にエピソードを加えたりして独自の三国志にしているわけではありません。あくまで原書に忠実に、かつ面白く書いています。えしぇ蔵思うに三国志は単なる歴史娯楽小説ではありません。三国時代の中国大陸を舞台にしてはいますが、そこで描かれているのは結局は様々な人間の生き様であり、人生の教訓であると思います。玄徳、関羽、張飛、趙雲、曹操、孫権、孔明、呂布、陸遜、・・・英雄豪傑たちはそれぞれが持つ信条に従って一時代を駆け抜けます。その姿の中に何かを見つけて欲しい、何かを感じて欲しいと言っているような気がするのはえしぇ蔵だけでしょうか?これだけで十分に一冊の人生指南本になると思うんですけどいかがでしょう?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード