蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

海音寺潮五郎 「武将列伝」

日本の歴史に登場する人を尊敬しているという人に、何がきっかけで尊敬するようになりましたか?と聞くとほぼ100%の人が歴史小説と答えます。例えば坂本竜馬を尊敬する人は多くの人が司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を上げます。こういった現実に対してえしぇ蔵は本当に声を大にして訴えたいものがあります。歴史小説というのは小説ですから。史実をベースにはしていますが基本的に作り話ですから。エピソードに感心してもそれは作家が創作したものであったりするわけです。知らぬ人はいない豊臣秀吉には幼少の頃からたくさんのエピソード(ご主人様の草鞋をふところで暖めた……等々)があります。ところが実際にはどうでしょう?信頼できる資料に秀吉が初めて登場した時には既に織田の家中で一方の侍大将になっています。つまり前半生のことはほとんどわからないんです。生まれた年、本当の親すらわかりません。実際はそんなものです。本当にその人物に興味を持ったのなら小説ではなく歴史書や研究本などで調べるべきです。実像は小説の中の人物とは大きく異なることは多々ありますから。まぁそうは言っても難しい専門書を手にするのはちょっと、という方にお勧めなのがこの作品です。海音寺潮五郎は「史伝文学」の代表者です。「史伝文学」とは、フィクションを加えず、歴史の真実を探ろうとするものです。この「武将列伝」には、平安時代の源義平に始まり、近代の勝海舟まで、日本史を飾った人物たちを冷静に分析して記述しています。各人の様々なエピソードを、間違いない事実、信用できること、信用できないこと、全くのデタラメなどに見究めて、最終的に本当の人物像を海音寺潮五郎なりに結論付けています。歴史の真実を知りたいという方には強くお勧めします。文春文庫で全6巻です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

海音寺潮五郎 「天と地と」

この「蔵書」で紹介した作家は偉大な人ばかりですが、この海音寺潮五郎もその例外ではありません。その残した功績の大きさは計り知れません。この人の最も大きな功績は、昭和の時代において”史伝文学”を復興させたことです。史伝文学とは歴史の記録としての文学です。一般に歴史小説と言われるものは面白くするためにある程度フィクションが混ざっているものですが、史伝文学は史実のみで構成されており、歴史を学ぶ上でその参考に成り得るものです。このジャンルの作品は明治の頃には盛んでしたが後に衰退します。そのことに危惧を覚えた彼はその作品において史伝文学の復興を目指し、後に続く作家も出て来て見事にその目標を達成します。歴史ものが好きな方なら絶対に忘れてはいけない存在です。「蔵書」で紹介すべき彼の作品は枚挙に暇がありませんが、今回は「天と地と」を選びました。この作品はドラマにも映画にもなったのでタイトルはご存知の人も多いでしょう。”越後の虎”上杉謙信の生涯を雄大なスケールで描いてます。とにかくすごいのは徹底した歴史考証です。歴史ものを読んでて、え?その時代にそれはなかったんじゃない?みたいに時代考証の甘さを発見すると非常に冷めてしまいます。猫も杓子も作家になる昨今ではそういうことが時々ありますが、この人に関してはただただ脱帽するのみです。書き始めるまでの調査の大変さがしのばれます。だからこそ作品全体にも説得力がでて面白くなるのだと思います。兼信入道の鮮やかな戦ぶりを確かな歴史考証で楽しんで下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する