蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

佐藤春夫 「西班牙犬の家」

佐藤春夫はその存在の大きさから文学史における巨人のようなイメージを受けますが、この作品はそんなすごい人の実質的な処女作です。この作品をもって文壇に登場し、彼の作家生活が始まります。25歳の頃のことです。佐藤春夫といえばその人望の厚さで知られています。俗に”門弟3000人”と言われるほど、多くの作家たちが彼を師と仰ぎました。普通、師弟関係というのは文学においてお互いに似たような視点を持っているとか、共感するものがあるとか、作風が似ているとか、なにかそういうきっかけがあって師となり弟子となるものですが、彼の弟子になった人たちを見ると実に様々なタイプに分かれます。有名どころを挙げても、太宰治、壇一雄、遠藤周作、柴田錬三郎、中村真一郎、吉行淳之介、安岡章太郎……などなど、ざっと見ても同じタイプの作家とはとても言えないですよね?つまりは佐藤春夫という作家には、そしてその作品には、実にいろいろな面があって、非常に間口の広い人だったといえます。彼の作品を見ると純文学はもちろん、歴史ものもあれば、当時では珍しいSFのようなものまであります。その才能の幅の広さ、奥の深さは他の作家の及ぶところではなく、それだけに多くの人が師と仰いだのだろうと思います。この作品も一つの枠にはめられないような独特の内容です。主人公が犬の散歩をしつつ森の中に入って行くとある洋館を発見します。その中には大きな西班牙犬がいるだけで誰もおらず、主人公はそのまま引き上げるわけですが実はその西班牙犬は……みたいな内容で、純文学かと思いきや、え?みたいな展開が待っていまして、叙情的だなぁと思いつつ読んでいくと最後に面白い!と思わせるエンターテイメント性も持った作品です。確かにこれを処女作と認識して読めば、その後に幅広いジャンルで才能を発揮し、様々なタイプの作品を生み出していったというのも頷けます。それだけ多角的に魅力を放っている作品です。後に多くの作家を魅了していく人の処女作ですからこれは読んでおくべき傑作だと思います。是非この作品をきっかけに、佐藤春夫の多才に触れてみて下さい。同じ時代に生きていればえしぇ蔵も弟子入りしたかったです……。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

佐藤春夫 「田園の憂鬱」

佐藤春夫は昭和39年に他界していますが、もし存命中に知り合うことができたなら弟子入りできないにしろ、なにがしかの教えを請いたい作家の一人です。この人の作品を読めば、その奥の深さや芸術性は並外れた才能のもたらすものだと誰しも思うことでしょう。実際に多くの作家たちの憧れの存在だったようで、彼のことを表現する際に必ず用いられる言葉に「門弟三千人」というのがあります。もちろん誇張はあるでしょうが、それほど多くの人に師として仰がれたということです。有名どころでも井伏鱒二を筆頭に、三島由紀夫、太宰治、壇一雄、遠藤周作、柴田錬三郎、吉行淳之介、中村真一郎、五味康祐・・・などなど、錚々たるものです。すごい人たちから尊敬されたわけですからその存在の大きさが推測できますよね。そんな彼のすごさを象徴する作品がこの「田園の憂鬱」です。この幻想的な詩のような美しい小説は、物書きを自負する人々にとっては憧れであり、手本であり、脅威であり、目標であります。まさにこの作品は読む絵画であり、読む交響曲です。ストーリーを簡単に紹介すると、もう都会はいやだと恋人と二人で田舎に引っ込んで、そこで何をするでもなく過ごす主人公が幻想と現実を行ったり来たりする摩訶不思議な物語です。もしこんな人間が目の前にいたら許せないものがあるでしょうけどまぁ小説の中だからいいでしょう。この作品は「だから結局何がいいたいと?」と聞きたくなるものなんですが、「別に明確な結論なんていらないのでは?」という作品ですからこれはこれでいいわけです。まさに浪漫派を代表する作品です。逆にこういう摩訶不思議な世界は今の若い人にはうけるかもしれませんね。偉大なる作家の偉大なる作品。読まずに人生終わるのは惜しいことだと思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する