蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮沢賢治 「どんぐりと山猫」

宮沢賢治の童話は童話と言ってしまうにはあまりにも対象が広く、その含むところが非常に多いということは皆さんご存知の通りです。子どもは表面だけを読んで楽しむ、大人はその奥にあるものをくみ取って考えさせられる、それが宮沢賢治の童話の特徴だと思います。今回ご紹介する「どんぐりと山猫」もその好例です。絵本になって広く流通していますから読んだことある方はかなり多いと思いますが敢えてご紹介します。作品の内容を簡単に言うと、山のどんぐりたちが集まって誰が一番であるかを議論します。それを裁判長として仕切るのは山猫です。どんなどんぐりが一番なのか、どんぐりたちの意見は分かれてそれぞれが自分が一番であると主張しますので、山猫裁判長はどう裁決したらよいか迷います。そこで山猫からのはがきで呼び出された主人公があるアイディアを提案して、裁判は見事に解決するという話です。どんぐりたちが他の意見に理解を示さず自分の主張を譲らない姿勢はまさに人間の世界そのものです。そしてそれを解決した主人公の一言は聖書のマルコによる福音書10章44節にある言葉「あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。」と通じるものがあります。謙虚であること、他の意見を尊重すること、個人ではなく全体を考えること、などなど様々な教訓が含まれています。どの世代が読んでも学ぶものがある。それが宮沢賢治の童話です。人として参考にすべき大事なことがつまっているという意味からすれば、童話の形式をとった聖書という見方もできるかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮沢賢治 「十力の金剛石」

サラリーマンだった若かりし頃に社内報の中で書評を担当していたことがありました。毎月自分の好みで作品を選んで紹介していましたが、宮沢賢治の「十力の金剛石」もそこで取り上げました。この作品は面白い上に教訓も深く、えしぇ蔵としては宮沢賢治の作品の中でも上位に置きたいところなんですが、なぜかあまり脚光を浴びることがありません。「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」などなど、並居る名作の影に隠れているような感じです。もっとメジャーになって欲しいという思いが当時この作品を取り上げた理由の一つです。まずタイトルの意味がわかりにくいかと思うので解説を。金剛石というのはダイヤモンドのことです。十力というのは仏教用語からとっていると思われますが、まぁ簡単に言うといろいろな力があるという意味でしょうか。ただここでは直訳してもあまり的を得ていないと思われますので、ざっくりと”大変優れた宝石”というふうに解釈していいかと思います。ストーリーを少しだけご紹介。何不自由なく暮らすある国の王子様が、ある日家来でもあり友だちでもある大臣の息子と宝石の話をしていました。(作品の中に様々な鉱石の名前が出てきます。宮沢賢治は鉱石の収集が趣味だったのでその分野に関してかなり広い知識を持っていました。その片鱗が読みながら少しうかがえます。)王子様は高価な宝石をたくさん持っていましたが、もっとすごいのが欲しいと思っていました。すると、王子様でも見たことがない素晴しい宝石があると大臣の息子が言うので、二人はそれを探しに出かけることになりました。そしてついにその宝石を見つけた時、王子様は大変感動します。さて、お金で買えるものなら何でも手に入る王子様を感動させた宝石とは一体どんなものだったのでしょうか?感動と教訓を含んだ楽しいファンタジーです。年齢を問わず是非読んで頂きたい作品です。特に小さいお子さんに読んであげるには最適だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮沢賢治 「風の又三郎」

どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

この有名な書き出しは皆さんもご存知でしょう。宮沢賢治の作品の中で「銀河鉄道の夜」と並んで最も評価されるのがこの「風の又三郎」です。えしぇ蔵は毎年9月1日になるとこの作品を必ず読みます。この作品のストーリーが9月1日に始まるからなんですが、自分なりにこの作品を読むことで夏が終わって秋が始まるけじめとしています。基本的に同じ作品を何度も繰り返し読むことはあまりしないのですが、この作品だけはもう何回読んだか覚えてないほど読みました。そして読むたびに子どもの頃、胸のうちにあった純粋さが戻ってくるような気がします。何度読んでも飽きない作品です。9月1日の風の強い日に転校してきた不思議な少年は、周りの少年たちに「風の又三郎ではないか?」という疑惑を抱かせたまま、不思議な魅力をもって少年たちを魅了します。そして楽しい思い出をいくつも作りますが、ある風の強い日に突如彼は友達に別れも告げずに去っていきます。その少年が持つなんともミステリアスな雰囲気が興味をそそります。大人も子どもも惹きつける夢のある作品です。この作品は宮沢賢治の死の翌年に発表されました。彼の童話は読み手の年齢を選びませんし、全てを明確にしない不可思議さをうまく現実と絡みあわせることによって、無限大に広がる”夢”を描かせてくれます。読み手の心を豊かにする、いわば心の財産となり得る作品ばかりです。大人も子どもも魅了する彼の童話はまさに日本人の宝です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮沢賢治 「銀河鉄道の夜」

皆さんご存知の名作ですね。宮沢賢治の残した童話というのは年齢に関係なく楽しむことができます。それに童話といえど文学的価値が非常に高いので、専門家の間で繰り返し研究される材料となっています。もともと未定稿だった作品ですから謎が多く、宮沢賢治独自の造語や表現などもあるのでそういった人たちの興味をそそるというのもわかります。詳しく分析していくときりがないですが、実は今現在、本屋さんで売っている「銀河鉄道の夜」は第4次稿になります。実はそれまでに3パターンのストーリーが存在したということになります。特に第3次稿などは全く違う結末となっています。何度も考えなおされ書き直されて、苦心の末に完成されたということがわかります。そして一見して夢の広がる童話という印象を受けますが、実は随所に様々な暗示が埋め込まれています。特に注意して頂きたいのが、銀河鉄道に乗る前と後の情景描写の違いです。乗る前は全体的に暗いイメージがあり、”死”を暗示しています。銀河鉄道の夢から覚めた後は一転して明るくなり、”喜び”や”生”や”新しさ”などを暗示しています。他にも哲学的な暗示はたくさんあるそうですがえしぇ蔵研究不足で詳しくはわかりません。研究本もたくさん出ているので参考にされるといいと思います。いろんな魅力を含んだ作品なので何度も何度も読んでしまいます。そして読むたびに発見があります。物語の中の世界はまるで子どもの目で見たように無邪気な雰囲気に満たされていて、それは誰でも昔の日々を恋い慕う人には懐かしいものに感じられます。銀河鉄道での旅のシーンのなんと美しく、夢あふれていることでしょう!宮沢賢治の心の清らかさのなせる業でしょうね。日本の童話の最高傑作と言ってもいいかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード