蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

小林多喜二 「党生活者」

日本の労働者の叫びを表現したプロレタリア文学を語るにおいて、この人の名前はその中心人物として必ず登場します。すさまじいまでの強い意志と熱い魂、それを貫き通して最後はなんと特別高等警察(共産主義者や社会主義者を取り締まる機関)による拷問で獄死するという壮絶な最後をとげます。労働者のために、日本のために、活動しペンを走らせ、死ぬほどの拷問にあっても己の信念を曲げなかった人です。わずか29年の人生です。力いっぱい駆け抜けて行ったわけです。なんとすごい人でしょう。後世の日本人が忘れてはならない人の一人です。この作品はある軍需工場における争議を描いていますが、これはまさに小林多喜二が地下活動をしていた時の体験をもとにしていますので、非常にリアリティがあります。彼は作品を通して多くの日本人に、労働者に、強く訴えたいものがありました。社会を変えようと一生懸命でした。ですがその文学はただの手段になっているのではありません。文学作品としても非常に優れたものになっているからこそ訴えるものが心に響いてくるわけです。今となっては社会主義や共産主義によって成り立つ国家には大いに問題があることは世界の歴史が証明して明白になっていることですが、これらのプロレタリア文学をあえて今の時代に読む意味は、社会を変えようとする熱い姿勢自体に学ぶためだと個人的には思います。この作品を読んで、その熱き魂の一つに触れてみるのもいいかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

小林多喜二 「蟹工船」

蟹工船ってどんな船かわかりますか?遠い北洋まで蟹をとるための長い航海に出て、そこでとれた蟹を缶詰にするという作業をやっています。そこで働く人はいわゆる出稼ぎ労働者なわけですが、この作品の主人公はその労働者たちです。物語の中では安い賃金で奴隷のように虐待・酷使され、病気や過労で倒れる者が出てくる中、彼らの不満は徐々に鬱積し、ついには団結してストライキを始めます。そこからいわゆる支配する側、される側の戦いが始まります。舞台となった時代背景は昭和初期です。その頃の日本は全体的に貧しく、労働者たちは資本家たちに対して抱いていた不満が限界に達し、様々な運動が起こった時期です。働いても働いても豊かになれず、一方で資本家たちはますます裕福になっていく。そんな時代には必ず”共産主義”というものが台頭してくるわけですが、それが文学の世界でも形になって現れたのがいわゆるプロレタリア文学です。1920年代から1930年代前半にかけてプロレタリア文学は最盛期を迎えます。つまりはその時期の日本の労働者は非常に苦しめられていたということですね。彼らを救うため、運動のひとつの手段として文学も一躍買うわけですが後に弾圧にあい、プロレタリア文学は衰退しそのまま日本は戦争に突入していきます。この作品はそんな暗い時代における日本を象徴した、プロレタリア文学の代表作といえます。日本だけでなく海外でも評価が高く、最近でも2008年には再ブームが起こり、日本共産党の党員増加に貢献したなどと言われるほどでした。なんだか政治的メッセージがいっぱいの作品なんですがストーリー的にもちゃんと読ませます。20代で獄死した小林多喜二ですが、その魂の叫びは作品の中に永遠に生き続けることでしょう。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

小林多喜二 「防雪林」

虐げられる労働者階級の怒りを描かせたら小林多喜二は群を抜いています。しかし、無産者階級がどうの、共産党がどうの、共産主義がどうのというテーマを抜きにしても、彼の作品は物語としてしっかり構成もできていてかつ描写も美しく、登場人物の人間性もはっきりとしていて文学作品としても高い評価を受け得るものばかりです。政治的なもの、イデオロギー的なものに興味がないから小林多喜二は読まないというのは間違いです。一つの文学として失望を覚えるようなものでは決してありません。この作品は北海道が舞台です。地主の土地を耕して、収穫を納める貧しい農民たちの話です。あまりに地主の搾取がひどいのでこれでは生きていけないということで農民たちは団結します。そしてみんなで地主に交渉に行こうということで集まりますが、向かった先には農民の動きを事前に察知した地主の手回しによって彼らを拘束しようと警官たちが待っていました。そして首謀者を吐かせるためにみんな殴る蹴るの暴行を受けます。そして傷だらけ血だらけになって帰ってきます。主人公はこのことに強い憤りを覚え、復讐の機会を待ちます。やがて地主の家が火事になり・・・という内容ですが、虐げられる労働者の悲惨さを描いて強く訴えてくるものがあるのはお決まりのパターンですが、物語の中に出てくるいろんな自然の描写の美しさを忘れないで頂きたいと思います。吹雪く北海道の厳しい自然が目の前に浮かぶようです。それに登場人物の動きや言動も細かくてユーモラスですし、ストーリーも面白いです。労働者文学という範疇だけに収めるにはあまりに幅の広い作品だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する