蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

池波正太郎 「仕掛人・藤枝梅安」

誰しも読み始めたらあまりの面白さに他のことが何も手につかなくなるという本に出会ったことがあると思います。えしぇ蔵もこれまでにそういう本に何度も出会ってきました。その中でも特に強くひきずりこまれたのがこの作品です。仕掛人というのはお金を貰って、世の中のためにならない人を殺すことを請け負う人のことです。かつてテレビで「必殺仕掛人」、「必殺仕事人」などのドラマシリーズがありましたが、その元ネタとなった作品です。主人公の藤枝梅安は表向きは大変腕がよく評判のいい鍼医者です。しかし裏の顔はその針を使って人を殺す仕掛人です。ある事件がきっかけとなって仕掛人としての道を歩み始めた梅安ですが、常に罪悪感に苛まれつつ、せめてもの罪ほろぼしとして鍼医者として多くの人の命を救っています。この物語の面白いこと!続きが気になって、仕事も睡眠もそっちのけで読んでしまいました。吹き矢を使う彦次郎と凄腕の剣客の小杉十五郎と組んで悪い奴らを次々に倒していきます。池波正太郎の文章はテンポが速くて読みやすく、すぐにストーリーの中に捉えられてしまいます。講談社文庫から全7巻で出ていますが、おそらく誰しも最初の1冊を読めばすぐに7冊集めることになると思います。ただ、惜しいかな執筆途中で作者が亡くなりますので絶筆となっています。これが非常に残念で仕方がありません。まだまだ書き続けて欲しかったです。この作品には読者を惹きつけるもう一つの理由があります。それは食事の場面です。食通で有名だった池波正太郎ですので食事の場面の描写に非常に力が入っています。皆さんもきっと読みながらお腹が空くと思います(「梅安料理ごよみ」という作品も出ています)。さぁ皆さんも梅安の世界にはまって、7冊一気読みして下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

池波正太郎 「蝶の戦記」

人との出会いがあると、えしぇ蔵としてはどうしてもその人がどういう本が好きなのかを尋ねたくなります。本の嗜好というのは人間性の一端を垣間見ることもできますし、何よりそこから話題が広がりますからね。それで毎回いろんな答えが返ってくるわけですが、最も多いのは司馬遼太郎と池波正太郎です。そしてこの二人にはまった人は必ずその作品をどっさり揃えています。「池波正太郎は全部読んだ」という人も何人かいました。つまりはまり方が半端じゃないんですね。そういう自分も本棚を見るとこの二人の作品が大量に並んでいるので、はまる理由は実によくわかります。池波正太郎の本を買って帰った時は他の作家では感じない独特のワクワク感があります。そして読み始めたらあっという間に読み終わってしまいます。なぜでしょう?答えは簡単。超がつく面白さだからです。どんなに長くても気にならないというか、話が終わって欲しくないと思うくらい面白いです。特にこの作品は数多い池波正太郎の歴史物の中でも面白さについてはトップクラスではないかと思います。お得意の忍者もので、主人公のお蝶は女の忍びとして戦国時代の荒れた日本を舞台に大活躍します。事件は次々と起こり、いろんな人物が登場し、合戦はあるわ、お色気はあるわ、エンターテイメントとして最高です。忍者ものと言ってもあり得ないような忍術を使ったりではないし、弱さもあるわけで、人間的に描かれていることが特徴です。だから感情移入しやすいのかもしれません。この作品を第一弾として、続編が「火の国の城」、そのまた続編が「忍びの風」となります。この3つがいわゆる忍者シリーズ三部作です。これとは別に「忍者丹波大介」という作品もありますが、これもまた同じ延長線上にあります。あなたもきっと次々に読んでいくことでしょう。そして同じような歴史物に手を広げ・・・気付いたら本棚が池波正太郎だらけになっていることでしょう。是非はまってみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

池波正太郎 「真田太平記」

池波正太郎の作品の特徴はなんといっても「文句なしに面白い」ということです。エンターテイメント性が豊かで、読み手の心理を完全にとらえて喜ばせたり、悲しませたり、ハラハラさせたり、爽快にさせたりします。彼の手のひらの上でコロコロと転がされているかのようです。どういう展開なら読み手が楽しめるのか、どういう筋書きなら喜んでもらえるのか?そのへんの奥義を知り尽くした上で余裕をもって書いているという印象を受けます。揺らぎのない大きな力を感じます。一体どんな経験が彼をそこまでにしたのでしょうか?若い頃から歌舞伎や演劇が好きだったことが高じて、彼は劇作家として歩み始めます。その後、師匠である長谷川伸のすすめもあって小説へと移行していくわけですが、彼の劇作家としての経験が、「面白いものを書く」ということの奥義を体得させたのではないかと思います。お客さんを喜ばせるというのが、読者を喜ばせるということに変わっていったのではないかと勝手に推測しています。そんな彼の作品の魅力を楽しむにはあまりに多くの作品があってどれを紹介していいか迷いますが、是非これだけは外して欲しくないと思うのがこの「真田太平記」です。新潮社から出ているのは全12巻でちょっと長いですが、それを全く感じさせないほど夢中になれるのは間違いありません。大きな権力に屈しない小さな真田家の男たちの生き様は痛快そのものです。これを読めばきっとあなたも真田家のファンになります。「文句なしに面白い」池波正太郎の世界をとくとお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード