蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

井伏鱒二 「珍品堂主人」

小説を書く場合、ストーリーや背景描写に劣らず大事になってくるのが登場人物のキャラクターの確立です。これが明確に出来ていないと、どんなに面白い筋書きでも読者に与える印象が薄れますし、物語自体もどこか薄っぺらなものになります。読み手の頭の中にはっきりと、この登場人物はこういう人だというイメージを浮かび上がらせないといけません。そういう点において一つの参考になるのが井伏鱒二の作品です。登場人物が一つの型にははまらない独特のキャラクターを持っている場合が多いです。この作品の主人公は、悪事を働くなどもってのほかという完全無欠な善良なる人ではありません。一見善良そうだけど、ずる賢いところもあり、強がるけど臆病であり、非情のようでお人よしという、どうにも中途半端な性格を持っています。登場人物にそういう性格を持たせるというのが井伏鱒二のうまいところだと思います。ここにリアルな人間性が生まれてくるわけです。実際、人間の性格というのは単純に片付けることはできません。みんな誰しもいろんな顔を持っています。性格描写において複数の要素を持たせることによって、登場人物は立体化していきます。それでこそ人間を描いているということになると思います。だから井伏鱒二の作品の登場人物というのは非常に人間くさくて面白いわけです。この作品の主人公は骨董屋のおやじです。そのまま好きな骨董をいじって生きていけばいいのに、一発大勝負してみようと料亭を始めてしまいます。スポンサーを見つけて結構大きなお店を持って、一所懸命努力するわけですが、ずる賢さでは一枚上手の女性に見事にお店を乗っ取られてしまい、また元の骨董屋に戻るというお話です。読みながら、「しょうがないやつだ」と思いつつもどこか微笑ましさが残る、そういう作品です。面白さの中に少し寂しさを含ませて、読後の印象を深くする井伏鱒二ワールドを堪能することができます。井伏鱒二の人物描写の巧みさを是非感じてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

井伏鱒二 「さざなみ軍記」

井伏鱒二は歴史物をいくつか書いていますが、非常にその水準は高くどれも素晴らしい傑作となっています。えしぇ蔵の個人的なお気に入りはこの「さざなみ軍記」です。この作品の時代背景は源平の勢力争いの頃です。源氏の勢いにおされて京都を追われ、西へ西へと逃げる平家の軍勢の悲壮な姿を描いています。その描き方が非常にユニークです。平家の軍勢に加わっていたある少年の日記の形をとっています。特に興味深いのは日々の出来事がリアルにつづってある文章の中でその少年が徐々に成長していくのがわかることです。見方を変えると軍記である反面、一人の若者の成長の記録とも言えるかもしれません。まだ子どもで弱々しく頼りにならなかったのが、いつしか立派な武将として貴重な戦力となるまでに成長していきます。ところがご存知のように平家の最後は滅亡です。日記が進むにつれて状況は悪化していきます。先に勝利が待っていない、幸せが待っていない悲壮感がバックにあって、それがストーリーのドラマ性と文章の叙情性を高めていきます。面白くてかつ文学的。さすがは井伏鱒二というべきでしょう。彼もかなり思い入れがあったみたいで、そんなに長い作品ではないのですが、なんと9年もかけて少しづつ書いています。後で知ったことですが、9年もかけたのはただ丁寧に書いたというだけではなく、この日記が何年もの長い月日を記録しているという雰囲気を出すために、敢えて少しずつ長年かけて書いたそうです。なんとも気の長いテクニックを駆使していたわけですね。なるほど10年の記録の抜粋を1日で書くとどうしても月日の長さ、時間の重みというものの臨場感が出ませんからね。そういった工夫が、本当にこういう日記が実はあったのではないか?と思わせるほどのリアリティを生んだわけです。井伏鱒二がそこまでしているわけですからそりゃいいものにならないわけがありません。こういう作品が書ける人こそホンモノだなぁとつくづく思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

井伏鱒二 「黒い雨」

ユーモラスな作品が多いのが井伏鱒二の特徴ですが、では代表作は?となると必ず名前があがるのがこの作品です。一転してシリアスです。テーマが戦争、それも原爆ですからね。ちょっと重いですけど非常に内容が濃くて、構成も文章も申し分なくまさに名作です。原爆に関する作品の中では最高の位置にあると評価する人もいます。ではなぜそこまで高い評価を得たのでしょうか?この作品は野間文芸賞を受賞していますが、選考委員の大岡昇平は、「・・・広島の原爆について、多くの小説やルポルタージュが書かれているが、被爆の惨状をこれほど如実に伝えたものはなかった。作家の眼のたしかさと技術的円熟が、この結果を生んだことは疑いない」と述べています。つまり、この作品の最大の特徴はリアリズムというわけです。被爆した人々の様子だけでなく、影響を受けた自然界の細かい現象に至るまで細かく描写してあります。よほど念入りに取材をしたというのは容易に察することができますが、実はこの作品の成立にはある書物が大きく関係していたのです。それは、重松静馬という人が書いた「重松日記」です。「黒い雨」の内容は6割くらいはこの「重松日記」からとっていると言われています。この日記の存在あってこそ、この名作が生まれたというわけです。「重松日記」自体も出版されていますので、あわせて読まれるとより興味深いものがあると思います。よりリアルに現実を伝えることによって後世の人の戦争に対する警戒心を促すという意味では大いに存在意義のある作品だと思います。作者自身も言っていますが、ルポルタージュ的作品として捉えてもいいかもしれません。国内外を問わず多くの人に伝えるべき名作です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

井伏鱒二 「山椒魚」

国語の教科書にも載るほどの有名な作品ですのでご存知の方も多いとは思いますが、それでもこの作品は語らずにはいられない奥の深さを持っていますので敢えてご紹介します。井伏鱒二の代表作であり、また処女作でもあります。大正12年に発表された時の題名は「幽閉」でした。昭和4年になって「山椒魚」と改題されています。太宰治は井伏鱒二の弟子ですが、彼はこの「山椒魚」を読んだ時に大きな衝撃を受け、井伏鱒二に弟子入りすることを決めたという話があります。物語としてはいかにも学校の教材に持ってこいの教訓を含んだ童話的小説です。主人公の山椒魚はある岩屋に住んでいました。それがだんだん身体が大きくなり、気付いた時には自分の岩屋から出られなくなっていました(山椒魚は頭が大きいですからね。そういう展開なので他の魚ではなく山椒魚でないといけないわけです)。自分の住処からもはや出ることができなくなり、彼は狼狽します。悩み苦しむ彼は鬱積したものの捌け口を探しますが、そこに一匹の蛙が迷い込んできます。彼はなんとその蛙を閉じ込めて自分と同じ境遇にしてしまいます。孤独と焦燥と圧迫に耐えかねて自暴自棄になった末の暴挙でした。それからの1年間、山椒魚と蛙は口論を続けます。さらにその後1年たった後の2人はどういう関係になっているのか・・・?というストーリーです。実はこの作品、結末の部分が2通りあります。一般的な文庫本と、井伏鱒二の自薦の全集に掲載されているものとでは違った終わり方をしています。井伏鱒二は全集に載せる際にどういう意図かは謎ですが結末の大事な部分を削除しています。これは各方面から非難が殺到しました。どっちがよりこの作品の結末としてふさわしいか、今となっては読む人が各々の価値観で決めればいいのではないでしょうか?大事なのは山椒魚が岩屋の中で外の世界を羨みながら悩み苦しむ姿に何を学ぶかということだと思います。えしぇ蔵はそこに人生の縮図を見たような気がしました・・・。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード