蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

徳冨蘆花 「思出の記」

えしぇ蔵も趣味で小説を書きます。その際に文体で大きく影響を受けたのは壇一雄ですが、他にも参考にしたい、こういう文体で書いてみたいと思った作家は何人かいます。そのうちの一人が徳冨蘆花です。この人は本当に知的で美しい文章を書く人です。その徳冨蘆花ですが、どういう作家でどういう作品を書いたのか、ちょっと調べてみようという時、おそらく多くの人は代表作で当時は大変なブームになった「不如帰」から読むことでしょう。えしぇ蔵も「不如帰」大好きです。しかし本当に徳冨蘆花の魅力を知ろうと思えば、それだけではなく必ずこの「思出の記」も読むべきです。この作品の中にはこの人の魅力がぎっしりつまっていますし、その特徴も如実に現れています。そして彼の実力のすごさを十分に知ることもできます。内容は主人公の菊池慎太郎の幼い頃から社会に出てある程度名をなすまでの、いわば立身出世的物語です。とにかく描写が細かい上に、長い物語なのに構成がしっかりしているのでえしぇ蔵はてっきり自伝小説だろうと思っていましたがそうではありません。多少の参考はあるでしょうが基本的に全て想像の産物です。裕福な家に生まれながらすぐに家は没落し、幼少の頃から苦労多き毎日を過ごす主人公は、家の復興のために勉学に励み、次々に襲い来る障害を乗り越えてたくましく生きていきます。そうなると最後は偉業を成し遂げるとか、大人物になるとか、そういう華々しい結末が待っているものですがこの作品の場合、立派に社会の中で尊敬を集めるだけの人物になり、平和な一家を築くという、より現実的な結末を用意しています。このへんも評価される一つの理由かもしれません。そして全体を通してとにかく知的で美しい文章に満たされています。冒頭にも書きましたが私が最も魅了された点であり、それ故に一番オススメする点です。長い物語ですがずっとその中に浸っていたいと思うくらいです。あらゆる意味で徳冨蘆花の魅力満載の作品ですから、是非「不如帰」の後にはこの作品をどうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

徳富蘆花 「不如帰」

「ほととぎす」と読みます。そのまま「ふじょき」と読む場合もあります。徳富蘆花を一躍有名にした作品で彼の代表作です。この作品の最大の特徴はドラマチックな展開に目を放せないストーリー性です。とにかく文句なしの面白さで読み手をぐいぐいとひきつけます。時代は明治です。美しく可憐なヒロインの浪子と誠実な夫の武男の悲しいラブストーリーです。浪子は武男が日清戦争に出征している間に結核を患い、離婚を強いられるなどの周囲の心無い仕打ちもあって、夫と離れて暮らさざるを得なくなります。お互いへの強い愛を持て余しながら、会うことができないもどかしさ。病気が治れば会えるとけなげに努力する浪子、病気であろうと一緒にいたいと願う武男、美しく強い愛情が交わされるわけです。愛し合う二人を周囲の人や環境が引き離すというパターンですね。いわゆる今時のトレンディードラマや韓国ドラマそっちのけ面白さです。浪子の病気は治るのか?二人は幸せになるのか?と心配でどんどん読みすすんでいきます。明治31年から32年に国民新聞に連載された作品ですが、大変な反響を呼んだそうです。浪子が言った、「あああ、人間はなぜ死ぬのでしょう! 生きたいわ! 千年も万年も生きたいわ!」や、「もう二度と女になんかに生まれはしない」は、文学史上に残る名セリフです。物語は実話がベースになっています。陸軍元帥大山巌の娘、信子に関する話を、徳冨蘆花がある間借りしていた宿で一緒になった婦人に聞いたことがきっかけでした。このことは作品の初めに作者自身が書いています。日本文学史上に輝く不朽の名作をあなたも是非!

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード