FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

伊東潤 「武田家滅亡」

戦国武将の中でも非常に人気のある武田信玄を描いた物語は枚挙に暇がありません。それはつまり非常に豪快な人生だったからだと思います。無敵の軍団を作り上げて近隣の武将と激しく戦ってどんどん領地を広げていきました。そして満を持していよいよ京都に旗を立てるべく、錚々たる武将たちを従えていざ出陣しますが、惜しいことにその途上において天命が尽きます。なんともドラマチックな形で人生の幕を閉じます。その後を受けて武田家を率いるのが、この作品の主人公の一人、武田勝頼です。一般に勝頼は信玄を始め武田家がせっかく作りあげた強大な国を滅ぼしてしまう駄目な武将というイメージがありがちですが、実はなかなかの優れもので、結構積極的に活動してその名を近隣に知らしめています。武将としては父親を凌ぐのではないかと言われたほどです。ところがあの有名な長篠の合戦において大敗して多くの有力な武将を失ったことから歯車が狂い始めます。この物語はこの長篠の合戦の後から描かれています。誤解しないで頂きたいのは、タイトルにもあるように武田家がいかに滅亡していったかの話なので、武田勝頼の物語ではありません。従って、主人公は複数いまして、それぞれの目線から衰退していく武田家を描いています。佞臣の提案を採用したばかりに失敗が続き、挽回すべく次々に打つ手は全てうまくいかず、配下の武将たちは徐々に武田家を離れ始めていきます。そして最後はあの悲しい天目山の戦いで武田家は長い歴史に幕を下ろします。まるで巨大企業が小さな判断ミスから衰退を始め、ついには倒産する姿によく似ています。終わっていく集団の悲哀を実にうまく描いてあります。この大作で伊東潤はメジャーデビューを果たすわけですが、もうすでに老練の技をみるかのように完成された傑作です。かなりのボリュームですが、一気に読ませる魅力があります。絶対オススメです。是非読んで下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

伊東潤 「虚けの舞」

歴史小説の分野でも次々に優れた作家が誕生していますが、中でも伊藤潤の作品を初めて読んだ時には新鮮な驚きがありました。前提として豊富な知識と徹底的に調べて得た情報があってこそ創作の部分が生きてくるのが歴史小説ですが、伊藤潤の作品を読んでるとあまりの臨場感に、「もしかするとこの人しか知らない何か新しい資料の発見があったのではないか?」と思ってしまいました。それほど登場人物のキャラクターが明確で、セリフに真実味があり、場面の展開がリアルです。まるで伊藤潤が武将たちのそばにいて直に見て来たような印象を受けます。それほどの表現力を感じました。これはとてつもない作家に出会ったぞと嬉しくなり、すぐに伊藤潤の作品を何冊も買ってきました。どれも圧倒的に素晴らしいです。そして視点が面白いというのも魅力の一つです。この作品の主人公は、織田信雄と北条氏規です。どちらも豊臣秀吉が全てを奪った敗者です。信雄は信長の子息であり信長亡き後に天下を継いでもおかしくない地位にありながら、秀吉のお伽衆にまで落剝します。氏規は小田原攻めで秀吉により滅ぼされた北条家の生き残りで、血を残すために屈辱の後半生を過ごしています(その二人の向こうに間接的に描かれているのが、天下をとって傲慢の極みに達した秀吉の姿です)。舞台は文禄の役の頃の肥前名護屋。朝鮮半島で無意味な血が流れている一方で、名護屋の静かな日々が描かれています。かつての栄光や苦労、幸福な日々などを回想しつつ、自らの現状に涙する生活を二人は送っています。こういう敗者の目線から天下人とその時代を見るというのは非常にユニークで、歴史は英雄だけのものではないということを知らされます。勝者と敗者、栄光と屈辱、それらすべてが歴史を作っていくわけですね。読後になんともいえない感情が残ります。非常に印象深い作品です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する