FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

葉室麟 「無双の花」

皆さんは戦国大名の中で誰が好きですか?えしぇ蔵はなんといっても立花宗茂です。この人の名前をあげる人は結構多いと思います。なにせ豊臣秀吉に「西国無双」と言われた人ですからね。島津の大軍勢を相手に九州で孤軍奮闘したり、朝鮮出兵の際に危険な役を自ら引き受けて味方の退却を助けたりなど多くの武勇伝があり、局地的な戦闘ではついに不敗を通しました。そんな戦国大名を題材にした作品ですからさぞかし勇ましい場面の連続だろうと思われるでしょう。ところがこの作品はそうではないのです。一般的な立花宗茂伝とは一線を画しています。全く違う視点で描かれています。まず物語が始まる時点で既に関ヶ原の合戦が終わっています。立花宗茂は西軍でしたので、所領は没収され、一介の浪人という立場に落ちます。同情した有力大名たちから声がかかりますが、それにすがることなくわずかな家臣とともに柳川を後にします。つまり、華々しい活躍の時代の描写は一切なしです。全てを失った時点からのスタートです。当然、つらい時代を描いていますので全体に重苦しい雰囲気があります。ではなぜそんな時代を描いたのでしょうか?それは立花宗茂だからなのです。この人は所領を没収された戦国大名の中で、唯一同じ所に返り咲いた人だからです。苦難の時代を乗り越え、ついに元の柳川藩の藩主に戻るからです。頂点から底辺に落ちた後、再び頂点に登ったからです。こんな劇的な人生ってあるでしょうか?本当にドラマティックな生涯です。だからこそ敢えて後半の苦難の時代のみ描いても立派なサクセスストーリーになるのです。合戦を描くのみが戦国の時代小説ではありません。平穏な暮らしの中での内面の葛藤、やむことのない苦悩、そしてわずかに残る希望の光、不屈の魂などを静かに描いているこの作品も、戦国時代の一面を見事に表現していると言えます。たまにはこういう静かな戦国ものを読むというのもよろしいのではないでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する