蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮城谷昌光 「三国志」

えしぇ蔵は歴史小説も好きで今までかなりの量を読みました。同じ題材を異なる作家で読み比べたりもしました。あまりにたくさん読むとふとこんなことを考えてしまいます。「本当のところはどうなのか?」と。どの作家も遠い昔のことをあたかも見てきたかのように書きます。例えば作家の中で誰一人戦国時代の日本を見たことはありませんが、その時代をテーマにした作品は星の数ほどあります。そもそも読者を楽しませるエンターテイメントですから、ある程度調べた上で想像を盛り込んで作品にして何も問題はないわけですが、えしぇ蔵としてはそろそろ「本当のところ」が知りたいと思うようになってきたわけです。「三国志」も今までたくさんの作家がそれぞれの解釈と想像で作品にしてきましたが、それらはいずれも完全なエンターテイメントでした。ところがそうはわかっていても読者はそれらを通して、関羽は強かったんだなとか、曹操は悪いやつだったんだなとか、孔明は無敵だったんだなとか解釈してしまうわけです。誰か三国志の「本当のところ」を書いてくれないかなと思っていた矢先、この宮城谷三国志に行きあたりました。これこそまさに本当の三国志です。あらゆる文献を調べた上で、当時の状況から冷静に推測して、可能なかぎり史実に基づいて書かれた三国志です。大げさな脚色もなく、人物の過大評価も過小評価もありません。三国志にはたくさんの有名なエピソードがありますが、どれが事実でどれが創作であるかも書かれています。冷静に分析して書かれた分、娯楽性には欠けますが一度はこれを読んで本当の三国志を知って欲しいと思います。登場人物に憧れるならこれを読んでからにした方がいいと思います(えしぇ蔵の三国志観も大いに変わりました。今では孔明よりも曹操、曹叡、司馬懿を尊敬しています)。全12巻でちょっと長いですが、誰も書かなかったリアルな三国志を知ることができますので、是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「孟嘗君」

中国の戦国時代に「戦国四君」と呼ばれた人たちがいました。斉の孟嘗君、趙の平原君、魏の信陵君、楚の春申君の4人です。いずれも優れた政治家で、その所属した国に大いに貢献しました。孟嘗君は斉の人ですが、その才を買われて秦や魏にいたこともあります。この辺が面白いところです。日本の戦国時代もそうですが、敵の国に優れた人物がいるとヘッドハンティングして自分の国に呼ぶことはよく行われました。よく「二君にまみえず」と言って主を替えることは礼節を知らない人間がすることという認識が日本でも中国でもありました。ところが孟嘗君の場合は身の危険を感じてやむを得ず他の国へ移るということの繰り返しでした。あまりに優秀すぎること、真面目すぎることが禍していたのかもしれません。それでいくつかの国の間を移動しますがそれぞれにおいてその能力を発揮し、大いに活躍しました。孟嘗君のエピソードに必ず出てくる「食客3000人」という言葉があります。なんでもいいので一つでも人に優れた能力を持っている人を食客として迎えいれたそうで、その数が3000人はいたということです。その食客たちの能力をいろんな場面でうまく活用したことも孟嘗君の名前を高めた一つの要因です。戦場で敵をなぎ倒す勇猛果敢な武将ではなく、国のために巧みな政治手腕を発揮した宰相ですが、こういうタイプの人物は派手さがないのでなかなか歴史小説にするのは難しいところだと思うのですが、それが宮城谷昌光にかかれば見事な一大歴史ロマンになるわけです。心躍る壮大な物語に仕上がっています。孟嘗君の周囲の人々の活躍も見逃せません。史実の隙間に創作を流し込むのが歴史小説ですが、宮城谷昌光はそれを実に自然にやってのけます。荒唐無稽にもならず、また固くもならず。その辺の手腕は本当に優れていると思います。この作品を通じて是非それを感じて頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「楽毅」

もし誰かに宮城谷昌光の作品はどういうものか、あるいはどの作品から読み始めたらよいかと尋ねられたとすれば、まずはこの「楽毅」を勧めると思います。この作品には宮城谷昌光の作品全体に共通する特徴、それはつまり魅力とも言えますが、それが最も多く含まれているのではないかと思うからです。その持てる力を余すところなく発揮した感がある作品だからです。この作品は中国の戦国時代の武将である楽毅の生涯を描いています。まずこの楽毅を選ぶところが宮城谷昌光的だと言えます。一般にはそれほど知れ渡ってはいない英雄の姿を掘り出して、作品の上で再び輝かせ多くの人にその存在の大きさを知らしめるというパターンですね。古代の中国には小さな国がたくさんありましたが、戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)には中山という小さな国がありました。楽毅はこの中山の武将で、国を守るために八面六臂の活躍をしますが、君主が愚昧で弱小な国なのでその努力が報われません。しかし寡をもって衆に立ち向かうその見事な戦いぶりは一気に楽毅の名を広めることになります。中山が滅びた後は新天地を求めて流浪の身になりますが、最後はついに燕の国にその才能を発揮する場を得ます。そして再び歴史に残る活躍をします。知的でかつ剛勇無双、そして家族に愛され部下に慕われる優しさも持っており、まさに理想のリーダー像がそこにはあります。いい人材はそれを認めて使ってくれる人に出会えるかどうかで大きく差が出ます。楽毅の場合は燕の君主がそうでした。思えば実生活においても自分を認めてくれる師や上司に出会えるかどうかは人生に大きく影響します。楽毅と燕の君主の関係にその理想を見るように思います。楽毅という人物から学べることは多いです。皆さんにも是非知って頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「太公望」

宮城谷昌光の作品を読むたびに、というかその仕事ぶりに感服するたびに、松本清張を思い出します。その共通点は綿密な準備とそれに基づいた説得力ある考察です。とにかくどちらも書くまでの調査・勉強が徹底しています。もちろん横で見ていたわけではないですが、作品の奥行に大いにそれを感じます。中国の歴史を描くのに古代から伝わる文書を読破して分析するのは当然ですが、ただ表面的に読むだけでなく、その背景を当時の社会状況などをふまえて推理し、ここは誤りではないかとか、ここは筆者の思いが強すぎるとか、独自の結論を導いた上で自分の作品の参考にしています。そこが歴史小説家の中でも特に秀でている部分ではないかと思います。例えばこの作品の主人公である太公望もそのいい例です。太公望という人は周という国の軍師として殷(商)との戦いに大いに貢献したという記録はありますが、それ以前の出自に関しては全く不明です。生まれた年すらわかりません。様々な伝説があって、もはやそれが史実のように信じられがちですが、実はその生涯は明確にわかってはいません。それなのに一般的には釣り針もつけない竿で釣りをしている変なおじいさんとして登場し、そこで周の文王と出会うというのがいわばお約束のように描かれます。ところが宮城谷昌光は自分なりの考察をもとに太公望を子どもの頃から描き、文王と出会うのはまだ30代の血気盛んな頃にしています。出自もわからない人物ですからこういう描き方も大いにありだと思うわけです。あるいは正解に近いのではないかと個人的には思います。こういう独自の考察は歴史小説には大いにプラスになって作品の重み、面白さを増幅させると思います。こういうタイプの歴史作家がもっと出てきて、新説を作品にして欲しいと切に願う次第です。今までにない若い太公望の活躍を是非お楽しみ下さい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「晏子」

今も活躍中の中国の歴史小説作家とくればまず宮城谷昌光の名前が上がるのではないでしょうか?新しい作品を発表するごとにその名に重みが加わっていくような気がします。その特徴は徹底した準備と、それによって史実から大きくはずれることがない安定した展開だと思います。なにしろろくな記録も残っていない昔のことなので調べても判明しないことが当然ながらあるわけで、そこを無理に飛躍した空想で埋めないで、その場の状況や前後の事実などから推理して書いています(自分の推理であることを本文中に書いていることもあります)。だからよりリアルに時代を楽しめる感じがします。この作品の舞台は古代中国のいわゆる春秋期です。中国大陸においていろんな国が存在を誇示し、戦争しては領土を削り合うという緊張した状態が続いた時代です。それらの国の一つである斉に礼を守り一貫した信念にいきる晏弱という男がいました。外交においても他国と堂々と渡りあい、戦争においては名采配で連戦連勝するという実に痛快な男でした。動けば必ず結果を残し、それを誇ることなく次の手を打つという生き方がまさに仕事ができる男の見本という感じで魅了されました。ところがまだ働き盛りという頃に惜しくも急死してしまいます。でもそのぶれない魂は子どもの安嬰に引き継がれます。安嬰は首に刃を置かれても正義を貫き通す強靭な精神をもって斉の国を支え続けます。行政においても外交においても姑息な手段は一切使わず、天の意思と民の声に従って行動します。悠久の時を越えて賞賛され続ける親子の物語にはどの時代にも通じる生き方の真髄があるように思います。是非多くの方に読んで欲しい作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「香乱記」

歴史小説の作家にはそれぞれが得意とする時代と背景があるものです。戦国時代や幕末動乱の頃を書く人は枚挙に暇がありませんが、他にも太平洋戦争を専門に書く人、平安時代を書く人、あるいはもっと昔の奈良時代を書く人、様々です。一方で目を大陸に向けると中国の歴史を書く人も多いですね。その筆頭はやはり陳舜臣が上げられると思います。日本人に中国の歴史の面白さを知らしめた功績は大きいと思いますが、残念ながら故人となりました。では現役では誰が上げられるかとなると、えしぇ蔵は宮城谷昌光ではないかと思います。あの広大な大陸の覇権を賭けて群雄が競い合う物語は、歴史好きならずとも興奮するものがあると思います。最近ではそういう作品を読みたくなった時には、宮城谷昌光を選ぶようにしています。春秋戦国時代を中心に、それ以前の殷や周の時代などを舞台にした傑作を多く残しています。おさえておくべきものだけでも「楽毅」、「太公望」、「重耳」、「天空の舟」、「孟嘗君」、「晏子」などなど、どれも心躍るものばかりです。今回紹介する「香乱記」は、初めての統一国家である秦を作った始皇帝の治世の末期、圧政に耐えかねた人々の蜂起によって再び戦乱の時代が訪れ、やがてそれが勝ち残った劉邦によって終止符が打たれるまでの波乱の時代を描いています。そうは言っても主人公は劉邦ではなく、斉という国の王になる3人の兄弟を中心に物語は進みます。宮城谷昌光はこういうちょっと違った角度から歴史を捉えようとする姿勢が非常に特徴的です。歴史をよりリアルにそして新鮮に感じることができます。中国の歴史に埋もれた優れた人物を発掘し作品に登場させることを得意としているので、いつも新たな発見があります。文章も読みやすくテンポも速いので一気に読めます。宮城谷昌光の中国史ワールドをまだ未体験の方はまずはこの「香乱記」から始めてみてはいかがでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード