蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森村誠一 「人間の証明」

「ブロックバスター」という言葉があります。もともとは1ブロック(街区)を丸ごと吹き飛ばしてしまうほどの強力な爆弾という意味の言葉でしたが、そこから転じて今では本や映画において社会に圧倒的な影響を与えることができるほどの大ヒット作を意味します。角川文庫の角川春樹は1970年代に「ブロックバスター戦略」というのを展開します。優れた小説とそれをもとにした映画の両方をあらゆるメディアを使って大々的に宣伝し、力技で大ヒットに仕立てあげて爆発的な売上につなげるという作戦です。その一番わかりやすい例が「犬神家の一族」などの横溝正史の作品群です。横溝正史は角川春樹によって日本の推理小説史上にその不動の地位を築くことができたと言っても過言ではないと思います。この作戦において一番大事なのは作家の選定ですが、そこで選ばれた一人が森村誠一でした。当時まだ駆け出しの作家に過ぎなかったのに角川春樹はその才能を見抜いて大抜擢します。そして「あなたの作家としての証明になるような作品を書いて下さい」と言って森村誠一に作品を依頼します(ちなみにタイトルはこの時の言葉「作家の証明」から来ているそうです)。依頼された段階で既に映画化することを前提としていましたので、そこまで視野に入れた作品作りをする必要がありました。だから読むとわかりますが映画を見ているように場面が整然と展開し、複数のストーリーが徐々に近づいて一つの結末を迎える流れになっています。内に込められたテーマも深く、またサスペンスとしての面白さもあり、飽きさせずに一気に読ませるエンターテイメントでありながら、読後に深い感傷を残すという非常に奥の深い作品です。森村誠一の技量が初期の頃から既に完成されていたことがわかります。この人も忘れてはならない日本が誇る作家ですので読まれていない方、あるいは映画しか見ていないという方は是非原作を読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード