蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

小川国夫 「旅役者」

初めて小川国夫の作品を読んだ時は、えしぇ蔵はぼちぼち自分でも創作を始めている頃でした。そして思いました。「こういう作品を書きたい!」と。この人の文学からは本当に多くのものを学びました。情景描写は簡潔なのに美しく、しかも的確です。無駄を省いた会話はポイントだけをおさえつつもその背後に情感はたっぷりとたたえられて、しかも流れるように自然です。ただストーリーを追うだけなんてできません。あ、今の部分はすごい!と思って何度も読み返す箇所が一つの作品にいくつあるかわかりません。読み終えた後ですら、あの箇所をもう一度・・・と読み直してしまうほどです。それほどに文章の美しさ、完璧さに魅せられてしまいます。それに加えて物語も面白く、静かに展開する雰囲気の中で時折、あ!っと思わせる場面があったり、全体の構成も完璧で一切無駄やむらがありません。ここまで完成された人なら指導もできるのではないかと思ったら案の定、1990年から2005年まで大阪芸術大学文芸学科の教授を勤めており、学生に小説の書き方を教えていたそうです。後悔先に立たずですが、もっと早く気づいていれば絶対に講義を受けに行っていたと思います。あのそつのない創作技術を学んでみたかったです。(小川国夫は2008年4月に亡くなりました。)この旅役者という作品は、巡業中の娘歌舞伎の一座の花形女優に恋をした純粋で朴訥な男の話で、淡々と静かにストーリーは進んでいきますがその中で非常に奥の深いものを感じさせてくれます。なにかしみじみ文学だなぁと感じます。小川国夫を読むように勧めてくれた人も文学者でしたが、まさにこの人は文学者に好かれる文学者です。文学のなんたるかを探求してみたいという方は是非どうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード