蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

上司小剣 「鱧の皮」

上司小剣は奈良県生まれ兵庫育ちです。大阪の浪華文学会で活動した後、東京に移り読売新聞社員となり、編集局長まで務めます。最近ではその作品に触れることが極めて難しくなった作家の中の一人ですが、文学史には必ず名前のあがる人です。この作品は彼の代表作で、田山花袋に賞賛されて有名になります。舞台は大阪ですが、さすが関西出身とあって大阪の風物や人情が実にうまく表現されており、それだけでも読む価値ありです。物語の筋としては非常に単純です。大阪の道頓堀にある小料理屋における日常を描いています。経営者の源太郎と養女の姪のお文が、道楽の末に家を飛び出したろくでなしの婿養子福造から送って来た手紙を読んで、愚痴を言っている場面から始まります。手紙には金がないから送ってくれだの、勝手なことばかり書いてあるので二人は飽きれていますが、その末尾に「鱧の皮をお送りくだされたく候」と書いてあります。この一文がこの作品のポイントになります。あんなやつに何も送る必要はない、という感じで手紙は無視され、お文は芝居を見に行ったりするわけですが、じつはこっそり鱧の皮を買って小包にして隠します。そして寝る時にその隠してる小包をちょっと撫でてみるシーンで終わります。このラストシーンがなんともたまらない余韻があるわけです。あぁ文学ここにありだなぁと感動します。旦那はろくでなしだけど別れるに別れられない、お文の微妙な心境が大阪の風情を織り交ぜて見事に描かれています。短い作品ですがしっかりと印象を残す作品です。ちなみに鱧とはうなぎに似た魚です。今では高級魚のうちに入りますが、関西の人にとっては馴染み深い味です。作品中で「鱧の皮、細う切ってて、二杯酢にして一晩ぐらゐ漬けとくと、温飯に載せて一寸いけるさかいな」と紹介されていますが、一度食べてみるとこの作品の味わいが更に深まるかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード