蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

埴谷雄高 「死霊」

日本文学史上においてこの作品ほど異彩を放つものはないと言っても過言ではないと思います。日本どころか世界的に見ても極めて珍しい形而上小説です。恐らく今後も同様のものが登場することはほとんどないのではないかと思います。では形而上小説とはなんでしょうか?簡単に言ってしまうと作品全体が思想や哲学で満たされている小説です。一応ストーリーはありますがそれは登場人物の発言を借りて様々な考えを表現するためのものとなっています。それぞれ癖のあるキャラクターを持った人々が現れ、難解なセリフで会話します。そのやりとりも全て思想であり哲学です。読み進んでいくうちに恐ろしいほど伝わってくるのは、この作品を書いた埴谷雄高という人の才能です。一体どんな人が書いたのだろう?どんな考えで書いたのだろう?と調べてみたくなるはずです。とても普通の人には書けない別次元の世界です。前提知識なく普通に読み始めると途中で挫折する人が少なくないと思います。しかもこの作品はかなり長いですからね。第9章まであります。それでもまだ未完です。まさに埴谷雄高のライフワークです。読んでみようかなと思う人は、この作品の文学史における存在意義、文壇において与えられた評価などを調べておくことをお勧めします。尊重されるべき偉大なる作品です。文章表現が難解ですのでゆっくりと同じ箇所を読み返しつつ進んでいくといいと思います。何かの研究所を読むようにゆっくりじっくりと。そんなに難解ならやめておこうという方も第1章は比較的わかりやすいのでそれだけでも読んでみて下さい。そしてこの摩訶不思議な形而上小説の世界を是非体感してみて下さい。こういう作品も日本にはあるということを知って頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する