蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

大岡昇平 「俘虜記」

大岡昇平の実体験を書き綴った戦争記録文学です。そう言ってしまうとただの戦記ものかと思われるかもしれませんが、偉大なる大岡昇平ですからもちろんそのへんは一味も二味も違います。彼は昭和19年の3月に召集されます。当時既に30代でした。30代で兵隊というのはいわゆる補充兵です。要するに人間足らなくなったから駆り出されたわけですね。そしてフィリピンのマニラに派遣され、そこからさらにミンドロ島というところに移されてそこの守備を命じられます。既に敗色濃厚な頃で部隊内にも厭戦気分があり、戦闘に参加することなく早く戦争が終わることを祈っていましたがそううまくはいきません。米軍が上陸してきて、形だけの抗戦をしたのみですぐに敗走が始まりますがその時にマラリヤにかかっていた彼は山中を逃げ惑ううちに捕虜になります。それから米軍の捕虜収容所での生活が始まります。圧巻なのは山中で米兵を見た時に自分がなぜ米兵を打たなかったかということを自分自身と問答するように葛藤しながら答えを探そうとする場面です。この部分には非常に高等な哲学があります。そして収容所内での捕虜たちの生態をリアルに、そしてユーモラスに描いている部分では人間のあらゆるタイプを見ることができますし、極限状態から救われて徐々に満たされていく過程において人間がどんなに浅ましくなっていくかも詳細に描かれています。哲学的なものを根底において成り立っている戦記ものですから、他のそれより断然奥の深いものがあります。作品は13の章に別れていますが、もともとは俘虜の記録として書かれていた一連のものが集まって全体を「俘虜記」という形にまとめてあります。つまり章一つが短編とみなせば共通のテーマで書かれた連作の短編集ともいえます。ですから途中の章だけ拾い読みすることもできます。各章が様々な雑誌で発表されていきましたが、最初の4章をまとめて「俘虜記」として発表した段階で、昭和24年に横光利一賞を受賞しています。大岡昇平ならではの一味違う戦記文学をどうぞお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

大岡昇平 「野火」

大岡昇平。ここにまた日本文学界が誇る天才がいます。この人の才能は非常に多岐に渡って証明されています。翻訳、戦記もの、推理もの、恋愛もの・・・いろんな形でその才能は発揮されています。戦争中は出征して、フィリピンで捕虜になりますが、その時の体験をもとにいくつか作品を書いています。その一つがこの「野火」です。この作品は昭和23年に「文体」において連載が始まりましたが廃刊になり一時中断、その後昭和26年に「展望」において連載再開し完結に至っています。読売文学賞を受賞し、翻訳されて海外でも広く読まれて高い評価を受けています。大岡昇平自身の体験をもとに書かれたと言っても、「俘虜記」と違って創作部分がほとんどです。しかしやはり体験者ならではのリアリティが十分にあります。主人公は戦線で結核になり、隊から追い出されます。ただでさえ戦況悪化で食糧も不足しているというのに役に立たない病気持ちまで面倒みきれないというわけです。それで野戦病院に行くわけですがそこでも受け入れてくれません。どこにも行く場所がなくなり、どうしようもない状況から放浪が始まるわけですが、襲ってくる疲労と飢えと敵襲の恐怖でだんだん体力的、精神的に追い詰められていきます。そして飢えをしのぐために人肉を食うかどうかの瀬戸際まで追い込まれますがその時彼は・・・さてどうするのでしょう?続きは作品でどうぞ。丸谷才一が「文章読本」でこの作品の中の表現を優れた文章の一例としてとりあげていることからもわかるように、非常に高度な文学的手法を駆使して書いてありますので、そういう意味でも優れた作品です。大岡昇平はこの作品のみならず、「俘虜記」、「武蔵野夫人」、「花影」などにおいてもその文章の素晴らしさが常に話題になります。「武蔵野夫人」や「花影」などのロマンスにおいては言うに及ばず、この「野火」や「俘虜記」のような戦争をテーマにした凄惨な物語においてもそれを感じさせるということからその優れた力量がわかるかと思います。是非その点にも注意して読まれることをお勧めします。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

大岡昇平 「武蔵野夫人」

大岡昇平は自らの南方における戦争体験をもとにした「捉まるまで」(後に連作形式で書き継がれて「俘虜記」として完成)を皮切りに、次々と名作を世に出します。戦後には同じように自分の戦争体験から発想を得たタイプの作品を書いて文壇に登場する作家が多かったわけですが、だいたいにおいて体験に頼る作家というのはいつかネタがつきて徐々に作品は精彩を欠いていくのが相場です。全くの創作で書いてみると別人のように意外とつまらないものが出来たりするものです。作家の力量というのはやはり全く何もない状態からいかに物語を創造できるか、芸術を生み出せるかで計るものだと思います。大岡昇平の場合はこの「武蔵野夫人」を世に出したことで真の実力を披露し、誰しもが文壇に大岡昇平ありと認めることになります。作品の質としてはなかなかよく出来ているというレベルではありません。それまで日本文学を支えてきた多くの先輩作家たちがこぞって絶賛したほどの名作で、文学史にもしっかり名を残していますし、小説の書き方を学ぶ際にそのお手本として度々取り上げられるほどです。武蔵野の美しい自然の描写が何度も繰り返して読んでしまうほどに素晴らしく、そこで繰り広げられるドラマにおける登場人物たちの心理描写は、ちょっと小説でも書いてみようかと思う人間を叩きのめすほどのクオリティがあります。ストーリーはといえば、まるでお昼にやっている奥様向けメロドラマのような展開を見せますが、この人の崇高な文章表現にかかると低俗にならないから不思議です。やはり名作はそのへんが違います。大岡昇平の名を不動にした名作を是非どうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード