蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

井上友一郎 「残夢」

昭和15年の第11回芥川賞の候補作になった作品です。井上友一郎という作家が目指すところは本格小説であったわけですが、若い頃に書いたこの私小説のジャンルに入る「残夢」が文壇デビューのきっかけとなったということはある意味ちょっと皮肉かもしれません。まぁ作家に限らず芸術家全般そうですが、有名になる時にはこういうことはままありますよね。そういう点に留意して頂いてこの作品を読んで頂きたいと思うわけです。なぜならこの傑作を読めば、「あぁこの人は優れた私小説作家だなぁ」と思う人が多いだろうと予測できるからです。彼の目指したものはここにはありませんからご注意下さい。ストーリーは私小説ですからほぼ実体験と言っていいと思います。背景は太平洋戦争前、日華事変が起こった頃のあの不穏な空気に包まれた時代です。主人公は既に結婚していましたが、ふとかつて自分の青春に輝かしく光っていた頃があったかなと思い、今からでもその切れ端でも味わってみたいという衝動から、友人の勧めるダンスホールに行くようになります。これが要するに失敗というか堕落というか、いわゆるしなくてもいいはずの苦労の始まりです。ここで出会った女性に心を奪われますが、これが軽薄な典型的小悪魔で、主人公のことを一途に愛しているように思わせといて、実は軽く考えている、でもやっぱりどこかに真実があるなと思っているとあっさりと違う方向に歩み出している・・・みたいな感じで、哀れな主人公は振り回されっぱなし。そのうち奥さんにも見限られて実家に帰られてしまう、そんな情痴に溺れて足を踏み外した情けない男の話です。作品としては構成も表現もそつがなく、きっちり完成された傑作です。読み終わって続きが気になったら、「夢去りぬ」をどうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード