蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石川淳 「普賢」

えしぇ蔵にとって石川淳の作品との出会いがどれほどショックであったことか、うまく表現する言葉が見つかりません。個人的には横光利一以来のショックでした。流麗巧みな文章表現と完璧な構成はかなりの小説修行を積んだ後に満を持して書かれたもののように、どの角度から検証しても無駄も隙もない完璧なものに思えます。いろんな作家の作品を読んでると、「よし、頑張るぞ!」と励ましてくれるものも多いですが、石川淳の作品はことごとく、「自分にここまでの作品が書けるだろうか?」と、物書きとしての熱意を根本から大きく揺すぶられるようなものばかりです。それにしても本当にすごい人です。そしてこの「普賢」は恐ろしいほど秀逸な作品です。昭和11年に芥川賞を受賞していますが、それくらいの評価は当然であり、日本文学史上においてももっと大きく賞賛されるべきものではないかなと思います。主人公はいわば作者の分身で、ジャンヌ・ダルクの伝記を書いた女流詩人クリスティヌ・ピザンの伝記を書こうと机に向かいますが、俗事に捕らわれたり、自分の中での目標を見失ったりしてなかなか先に進みません。そのへんの苦しみを、”知恵”を司る「文殊」と、”修行”を司る「普賢」を喩えにして表現した箇所が、まさに宝石のごとく輝きを含む名文で、何度も繰り返して読みました。「 寒山拾得が文殊普賢の化身ならば、文殊の智慧などおよびもつかぬ下根劣機の身としては寒山の真似をするよりもまず拾得の真似で、風にうそぶき歌う前に箒をかついで地を払う修業こそふさわしかろう。しかし、かりにも拾得の箒を手にした以上、町角の屑を掻きあつめるだけではすまず、文殊の智慧の玉を世話に砕いて地上に撒き散らすことこそ本来の任務で、それなくしてはこの世の荘厳は期しがたく・・・」多少難解な文章ではありますが、繰り返し読むとじわりじわりと作者の言わんとすることが沁みてきます。この「普賢」のような作品が自分の人生で一つでも残すことができれば、物書きとして本望だなと思いました。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード