蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

林房雄 「獄中記」

「獄中記」というタイトルからもわかるように、刑務所での日常を綴った手紙形式の作品なんですが、おそらくほぼ100%林房雄の実体験だと思います。1926年、学生だった彼は「京都学連事件」で検挙され、最初の刑務所生活を経験します。その後プロレタリア作家となり、1930年に治安維持法違反で再び刑務所生活です。一旦下獄し、1934年にまた入ってます。この物語は2回目と3回目の刑務所生活の時の手紙をもとにして書かれています。非常に主張が強く、頑固な一面のある人なので妥協することを良しとしなかったからこういう体験をすることになったのかどうか、そのへんの真相はよくわかりませんが、そういう強さが彼の内面にあったことは、刑務所生活を無事に乗り越えるための大きな支えになったことは間違いないと思います。それはこの作品を読み進んで行くとよくわかります。日々の心情が奥さんに出した手紙の文章の中に克明に表現されています。時に怒りや悲しみを記した部分もありますが、概ね前向きに、多少楽天的に書かれており、刑務所の中という絶望的環境にありながらそんなに荒れていたふうには感じられません。孤独や束縛からストレスが生じ、悲しみにうち沈んだり、怒りに荒れ狂うというのが普通の服役者によく見られるパターンですが、彼は実に落ち着いた印象を受けます。淡々とした語り口で綴られています。読みながらしみじみ「この人は強い人だなぁ」と感じました。えしぇ蔵だったらおそらくこんなに前向きに強い意志を持ち続けることはできないだろうと思います。林房雄のそういう人間的な強さには敬服せずにはいられません。この強さが文章においても行動においても彼を抜きん出た存在にしたことは間違いないと思います。三島由紀夫があこがれたというのもわかるような気がします。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード