蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石川啄木 「一握の砂」

日本人で知らない人はほとんどいないでしょう。明治の偉大なる歌人です。学校でも習うのでもうここで説明する必要もないくらいでしょうけど簡単にご紹介しますと、明治19年に岩手県で生まれました。本名は一(はじめ)です。文学史に名を残す作家たちはほとんど学生時代の成績はいいのですが、この人はそうよくはないのです。むしろカンニングはするし、欠席も多いし、ついには退学させられたりと、今で言えば立派な不良です。そういう彼を文学の道に目覚めさせたのは「明星」という雑誌です。そこに掲載されていた与謝野晶子の短歌にかなり影響されたという話です。おそらく天性のものがあったんでしょうね、それからはめきめきと実力をつけ、文壇でも認められるようになります。そして24歳の時にこの「一握の砂」を刊行します。彼の第一歌集です。ところが天才にありがちの運命が彼を待っています。肺結核が彼の人生を奪ったのはなんと26歳の時です!「一握の砂」発表からわずか2年です。当然そんなに作品は残せていません。第二歌集の「悲しき玩具」や、小説「我等の一団と彼」などは死後に刊行されました。なんとも悲しすぎる天才の生涯でした。しかし残された作品の内容は濃いです。この歌集には有名な短歌も含まれています。
「東海の小島の磯の白砂に吾泣きぬれて蟹とたわむる 」
「たわむれに母を背負いてそのあまり軽ろきに泣きて三歩あゆまず」
「はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る 」
「悲愴」「寂寞」「孤独」「虚無」・・・そういう心情を表現した短歌はストレートに胸を打ちます。本棚ではなく、机の上とかの身近なところに置いておきたい歌集です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード