蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

三好達治 「詩を読む人のために」

もし多少でもピアノを弾くことができれば、有名なピアニストのコンサートを聞きに行った際にその人の奏でる音がいかに美しいか、その人のテクニックがいかに卓越されているかを知ることができて余計にコンサートを楽しむことができます。もし歌舞伎を見に行く前に演目の内容をしっかり下調べしておくと、どういう流れなのか、どの場面が見どころか、などがよくわかって余計に歌舞伎を楽しむことができます。つまりある程度の予習がしてあると芸術はより多く楽しむことができます。映画でもそうです。美術展でもそうです。(芸術以外でもそうです。例えばスポーツ観戦など)もちろん何の前提知識もなく、ただ自分の感性で楽しむというのもいいことですが、もしそこである程度”楽しみ方”というものがわかっていれば、2倍も3倍も楽しめるというのは間違いないことだと思います。詩についてもそれは言えます。えしぇ蔵はこの三好達治の作品を読んで以来、詩というものがどれだけ素晴らしいかを再認識しましたし、また読む作品の一つ一つが今まで以上に楽しめるようになりました。北原白秋、蒲原有明、中原中也、萩原朔太郎、高村光太郎などなど、著名な詩人の作品を例にあげて、この作品はこういう部分に工夫がされているとか、こういう心境で書いているとか、それまではなかったこういうテクニックを新たに取り入れているとか、具体的に分析して教えてくれます。それによって、有名詩人の作品の特徴を知るだけでなく、詩はどういうことに注意しながら読めばもっと面白いのか、ということを教えてくれます。詩を楽しむ上で非常に頼りになる参考書です。これから詩を読んでみようと思う人は是非この作品を先に読まれることをお勧めします。また、すでに多くの詩を読んでこられた人もこの作品を読んだ後にもう一度今まで読んだ詩を読み直してみられることをお勧めします。きっと見落としていた魅力が見つかると思います。詩が好きな人には必読の書として非常に強く推薦したい作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード